【読了時間:約 1分

 

近年日本でもCEOやCOOといった役職を頻繁に聞くようになりました。なんとなく企業の偉い人だということはわかるのですが、一体どれくらい偉くて、どのような役割を持った役職なのでしょうか。

 

CEOって何?

CEOはChief Executive Officer、最高経営責任者の略語です。CEOは元々はアメリカで発達した役職です。アメリカでは昔から企業を作る人と会社を経営する人がはっきりと分かれていたそうなんです。ですから、誰がいくらお金を出したのかという株式出資比率と同時に「誰が経営上の最高責任者なの?」ということをはっきりさせる必要があったのですね。

社長は?

社長は読んで時のごとく会社の長、つまり会社のトップを意味しています。ここで重大な事実を発表します。実は、CEOも社長も日本の会社法(会社の役割分担や運営方法等を定めた法律)においては設置しなければならない役職ではないのです。ちなみに、株式会社を作る場合は必ず代表取締役という役職は作らなければなりません。

つまり、「社長とCEOってどっちが偉いの?」という質問の答えは、「どちらも会社が勝手につくる役職なので、どちらが偉いのかも会社によって違う」ということになります。

 

Credoをフォローする