【読了時間:約 2分

 

少し前にNHKの運営委員(組織のあり方を決める人たち)である、小説家の百田尚樹氏の発言が問題になりましたね。そもそも、なぜ百田氏の発言は問題になったのでしょうか。一般の企業の社長や社員がどんな政治的発言をしようと基本的には自由なはずです。ですが、NHKの場合はちょっと事情が違うんですね。今回はNHKとその他の放送局では何が違うのかということについて解説します。

 

NHKとは

NHKは日本放送協会(Nihon Housou Kyoukai)の略語です。名称からわかる通り、NHKはフジテレビやテレビ東京といった他のメジャーなテレビ局とは違って、企業ではありません。そして、その他のテレビ局がテレビコマーシャルなどの放送によって得られるスポンサー料をもとに運営が行われているのに対して、NHKは受信料としてお金を貰って番組の制作費や出演者の出演料に充てているのです。だからNHKの放送の中にはコマーシャルが無いのですね。

 

運営のあり方

フジテレビや日本テレビが「企業」であるのに対して、NHKは「放送法にもとづいた特殊法人」です。その為、NHKには社長や役員といった一般企業のような役職はありません。その代わりに百田氏が所属する経営委員会が設置されているのです。

放送法では、NHKの役割は以下のように定められています。

公共の福祉のために、あまねく日本全国で受信できるように豊かで、且つ良い放送番組による国内基幹放送を行うと同時に放送およびその受信の進歩発達に必要な業務を行い、合わせて国際放送および協会国際衛星放送を行うこと

ここで言う「公共の福祉」というのは、みんなの幸せといったような意味です。

つまり、わかりやすく言うと放送法には「NHKは日本全国のみんなの幸せのために番組づくりや放送を行わなければなりませんよ」と書いてあるのです。この、「みんなの幸せ」という部分がポイントです。「みんなの幸せ」のためには偏った意見ばかり放送してはならず、なるべく中立に務める必要があるということに一般的には考えられています。

個人的な思想信条と経営委員としての意見は区別できるかどうかという議論がありますが、今回の百田氏の場合、公共放送であるNHKの経営委員(企業で言う役員)が政治的に偏りがあるとされる発言をしたことで問題になったのです。

 

[NHK][Photo]

Credoをフォローする