【読了時間:約 1分

 

日々、春が近づいていることを感じますね。春と言えばお花見ですよね。気の合う仲間と、ポカポカ陽気の下でワイワイ飲んだり食べたりするのは楽しいものです。

花見と言えば、見る花は桜が一般的ですよね。その中でもソメイヨシノは抜群の知名度を誇っています。ニュースなどで「桜が開花した」と言う時はソメイヨシノのことを指しているくらい一般的な桜の品種です。

そのソメイヨシノですが、現在日本全国に植えてあるものが全てクローンであることは知っていましたか?クローン、つまりDNAが全く同じで、兄妹とか親子とかではなく、全く同じ木なのです。

ソメイヨシノは種によって増えることができません。種自体をつくることはできるのですが、純粋にソメイヨシノ同士を両親とする種をつくることはできないのです。そのため、ソメイヨシノは人口的な接ぎ木によってその数を増やしてきました。

接ぎ木というのは枝の先端を切り、それを他の植物に接ぐことで育てていく手法です。これがソメイヨシノがクローンである理由なのですね。河川敷などで春になると全く同じタイミングで桜が咲き始めますが、これはすべてのソメイヨシノの木が全く同じ個体だからなのです。

 

[Photo by Uichirock]

 

Credoをフォローする