【読了時間:約 2分

 

これまで違法だったカジノの解禁を目指した動きが日本で本格化しています。カジノとは日本語でいう「賭場」で賭け事をする場所を指します。日本では法律によって賭け事が禁止されています。友達と麻雀やトランプをやってお金を賭けるのも違法です。

宝くじや競馬はなぜ許されているのかというと、両方とも公営つまり国や行政が運営しているからです。国や行政が運営する賭博施設に関しては特別に賭け事をすることが許されています。そんな中、日本でカードゲームなどの賭け事を楽しめるカジノを合法化しようという議論が急速に高まっています。

今回はカジノ合法化に関する主なメリットとデメリットを3つづつまとめました。

casino.001 (1)

まず、メリットとしては税収の増加があげられます。カジノが合法であるマカオの賭博関連の税収は2兆7000億円とも言われています。そして、カジノは日本にとっては新しい産業ですので、これまでなかった働き口の創出が見込めます。さらに、カジノを求めた外国人観光客の流入の期待できます。

デメリットとしては、まずカジノ周辺地域の治安悪化があげられます。カジノが地域にできると海外から大量の観光客が流入することが予想されます。地域のルールを知らない人たちが大量に流入することで治安の悪化が心配されます。もう一つはギャンブル依存症の増加です。カジノが合法化されたとしても、海外からの観光客だけの利用に制限するか、日本人も利用できるようにするかはまだ議論の分かれるところですが、パチンコがそうであるように多くのギャンブル依存者がでてしまうのではないかと懸念(けねん)されています。

さらに、マネーロンダリングの手段になってしまうのではないかという不安も高まっています。マネーロンダリングというのは日本語でいう「資金洗浄」で、薬物売買などによって得られた違法なお金を合法なお金に換えることを意味します。カジノは大量のお金を簡単にコイン代えることができるため、マネーロンダリングの手段として使われ、違法行為の取り締まりを難しくしてしまうというデメリットがあります。

2020年の東京オリンピックまでに日本でカジノを合法化しようという声が高まっています。あなたはどう思いますか?

 

[Photo by Lan Murphy]

Credoをフォローする