【読了時間:約 1分

 

下北沢の本屋さん、「B&B」へ行ってきました。下北沢駅から歩いて5分ほどの距離にあります。

お店の前にはこんな感じでシャレオツな雑誌が陳列してあり、ワクワク感がかき立てられます。

10014530_674828509254970_520894371_n

お店の入り口です。ガラス窓なので中が見えます。

1009854_674828409254980_1933423126_n

お店の中の本は基本的にはこんな感じで、様々なジャンルから店員さんがセレクトしたものが並べられています。「B&B」の面白いところの一つとして、ここに並べられている本だけではなく、棚などの家具も全て売り物であるということです。

1098061_674828499254971_1043619645_nそして、やはりこのお店の最大の特徴は本を眺めながらビールを飲めるということです。店内にはこんな感じでビールサーバーが設置されています。店名の「B&B」というのは「book & beer」の略語だそうです。

1009854_674828392588315_631208504_nビール以外の飲み物も選べます。だいたい500円です。

1009854_674828395921648_1328090549_n

個人的には山城むつみの『ドストエフスキー』、手塚治の『罪と罰』は置いてあるけど、 ドストエフスキーの『罪と罰』は置いていない棚がちょっと面白かったです。1604748_674828512588303_2008014030_n

『B&B』ではほぼ毎日ゲストを呼んで講演会やトークセッションのようなイベントを開催しています。毎日というのが凄いですね。全体的に、アンニュイな雰囲気が漂っていて、居心地の良い空間でした。

店内で生ビールを飲むことができたり、棚などの家具が売り物だったり、イベントを毎日開催していたりこれまでの本屋さんにはない形ですよね。紙媒体の衰退、そして紙の本を売る実店舗の衰退が叫ばれる中でこうして本以外の部分で特色をアピールする本屋さんが今後増えそうです。

 

Credoをフォローする