【読了時間:約 5分

出版社が漫画ネタバレサイト対策へ

集英社 少年ジャンプで連載している漫画を扱ったブログのなかで、私が普段から読んでいる1つに「ナルトちゃんねる (ネタバレ注意!)」がある。3月5日ナルトちゃんねるが、『ネタバレ記事に関して』という記事を更新した。記事には「出版社より連絡があり、日本語、英語、全文、画像を問わずストーリーを描写するネタバレを今後一切しない」と書かれていた。後日、ヤフーニュースにも『ネットの「全文ネタバレ」に出版社が“断固たる措置”? サイト運営者が過去記事を削除する動き』をはじめとした記事が載り、出版社がネタバレサイト対策へ本腰を入れて動き出したということがわかった。

 

ネタバレサイトと考察ブログの違い

漫画を扱うサイトの代表的なものとしてネタバレサイトと考察ブログがあるが、両ブログの違いを比較し「なぜ、ネタバレサイトだけが禁止になるのか?」を考えてみる。

ネタバレサイトとは、漫画のセリフ、画像を詳細に書くことによって、記事を読むだけで作品の全体図を追える形のことを言う。法律では、私的利用を超えた無断転載、著作権違反に該当する可能性がある。
考察ブログは、あるシーンについて、ブロガーの意見を述べ、読者に問いかける形のことを言う。客観的に引用を元に自論を展開していると見られる範囲内であれば、法律上は合法といえる。

 

ネタバレサイトの根本的な問題点

「無断転載を禁止するよう対策したんだから、安心だね」と終わらないのが、ネタバレサイトの問題の複雑さを表している。なぜなら、今回対象になったブログをはじめ、日本人向けに書かれた多くの漫画ネタバレサイトが海外のネタバレサイトから、 通称”スキャンレーション”という、 コミック誌で連載され英語に翻訳された漫画を使用しているからだ

次ページへ>>

Credoをフォローする