【読了時間:約 2分

 

日本の「和食」がUNESCOの世界無形文化遺産に登録されました。この度、なぜ和食は無形文化遺産としての評価を受けることができたのでしょうか。

 

無形文化遺産とは

無形文化遺産というのはUNESCOが保護の対象として指定した形を持たない文化遺産=踊り、物語、食文化などのことを指します。UNESCOは国際連合教育科学文化機関の略語で、教育や文化の振興を通して人類の幸福を増進するための機関です。国際連合の専門機関で、目的は異なりますが立場としてはこちらの記事で紹介したWHOと似ています。

日本食以前に無形文化遺産として登録された食文化としては、「フランスの美食術」「スペインやイタリアなどの地中海料理」「メキシコの伝統料理」「トルコのケシケキ(麦がゆ)の伝統」などがあります。

 

なぜ日本食は認められたか

今回、日本食は下記の4つの理由によって無形文化遺産に登録されました。

○「美しさ、季節の表現」

日本料理は料理はもちろん器や盛りつけなどに関しても美しい見た目にこだわる点が高く評価されました。

○「優れた栄養バランス」

良質なタンパク質を含む魚を中心として、動物性のものをほとんど使わないヘルシーな食文化も評価されています。

○「新鮮な食材」

南北に長い日本では、全国でその時々に応じた新鮮な旬の食材を使った料理が存在します。

○「行事との関わり」

お正月におせち料理を食べるなど日本食は年間行事と密接な関係を持っています。食文化が文化•コミュニティーの維持発展に貢献しているという点も高く評価されました。

 

登録の意義は

登録の意義の一つとして、海外からの観光客へのアピールがあげられます。私たちが国内外の世界遺産を巡って楽しむように、日本食を食べるために日本を訪れる人の増加を期待できます。

もう一つは、日本人としての食文化の再認識です。グローバリゼーションの影響により産業的にも文化的にも和食の衰退が叫ばれる中で、UNESCOという権威ある機関によって和食の価値が認められたことにより、日本人自身の和食への評価も変わるでしょう。和食を習う人の増加や、学校給食への和食の導入が一部では期待されています。

 

Credoをフォローする