世界で最も災害リスクの高い10地域、東京は1位、その他の2地域も

【読了時間:約 1分

 

スイスの再保険会社「Swiss Re」が世界で最も自然災害によるリスクが高い地域をレポートにまとめました。日本では東京が1位にランクインし、その他の2つの地域も高位にランクインしています。このランキングは世界616の地域を対象に、津波、地震、火災、ハリケーン、台風、洪水といった自然災害の発生リスクなどをもとにつくられています。

 

10位 テヘラン,イラン

9位 ロサンジェルス,アメリカ

8位 上海,中国

7位 カルカッタ,インド

6位 名古屋,日本

6870466a-e041-4888-a0a8-b7a265ca0d34-620x412

5位 ジャカルタ,インドネシア

 

4位 大阪-神戸,日本

edc5e92a-9281-4a91-bf37-ac53ec6093d5-620x431

3位 珠江デルタ,中国

2位 マニラ,フィリピン

1位 東京-横浜,日本

earthquake drills in Tokyo

 

東京が一位にランクインした理由としては、「津波、洪水、台風などのリスクがあること」「一度大きな地震が起きると火災が起き、輪っかのようにしてこの地域を囲んでしまうこと」「西太平洋プレートの活断層上に位置していること」「過去にも1923年の関東大震災で14万人以上の人が亡くなっていること」などが挙げられています。

過去にもこういったレポートで何度も東京は上位にランクインしています。

画像引用元:The Guardian

 

Credoをフォローする