【読了時間:約 2分

AKB48のメンバーとプライベートメールが来ちゃうぞ!!

これは、ファンにとって(´∀`*)ウフフ間違いなし!!

AKB48ファンの熱気

ファンが、CDの特典の投票権を買い占める総力戦をして、推しメン(お気に入りメンバーのようなもの、ジャニーズであれば〇〇担当のような感じ)の人気投票をする総選挙。ファンだけでなく、取材をするマスコミも連日のように報道と年々盛り上がる一方で、某メンバーがSNSサイトで触れたように、某アーティストが雑誌インタビューで答えたように、投票券欲しさにありったけ買われたCDが、ヤフー!オークションで安く投げ売りされていることが社会的問題になっている。ただ、秋元康氏のアイドルのプロデュースにおいてファンを巻き込む手腕は、誰もが認めるところだ。
AKB48の本当の「ファンの人数」に迫る(2) – 戯作工房

AKB48 Mailをスタート

ファンがお金をつぎ込むほど夢中になって応援する同グループが、またしてもファンにとってたまらないサービスを、4月16日にスタートさせた。
AKB48公式サービス「AKB48 Mail」を開始|エキサイト株式会社のプレスリリース

概要には、”「AKB48 Mail」は、AKB48メンバー45名から、プライベートなメールが届くサービスです。プライベートメール配信に加え、他にはない月額会員様向け特典をご用意しております”とある。月額プランは、1人とメールをするのに、月額300円(税抜き)からで、特典には、バースデーメール、オリジナルデコメールがある。

ファンがお金を払いたくなる仕組み

それだけでも嬉しくあるが、冷静になって考えよう。このサービスの売りは、メンバーからのメールだろう。それもバースデーメールのように年1回ではなく、日々のメールになる。300円の月額課金で、どれだけメールが来るのか??なんと!!ここにも、ファンがお金をかけたくなる仕組みがあった。

基本の月額プランでは、毎月7日間しかメールがこないのだ。この程度では、ファンは満足しないだろう。自然と、メンバー1人30日間のセットの追加課金300円を払いたくなる仕組みになっている。ファンにとっては、基本料金+追加課金がデフォルトと考えるならば、月額料金は600円~3000円に跳ね上がる。

「メール相手に月額3000円?!!いまどき、LINEだって芸能人と話せるし。キモいんだけど」という冷ややかな目線もあるだろうが、ファンにとっては、擬似恋愛的なサービス、(´∀`*)ウフフなサービスだ。

Credoをフォローする