【読了時間:約 1分

認知症の男性が列車にはねられて死亡し、JR東海が遺族に遅延損害の賠償を求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁は、介護していた妻に賠償を命じる判決を言い渡しました。

 

認知症患者の数

65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班(代表者・朝田隆筑波大教授)の調査で分かっています。認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計。

<65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”とる計算になります。先進国を中心に認知症患者数は増加傾向にあり、2050年には1億3000万人を超えるだろうという推計もあります。  

認知症の原因

認知症の原因には、病気やストレスなどさまざまな要素があります。まだ明らかでない部分もありますが、原因になることがわかっている病気はいくつかあり、その病気を治療することで認知症を改善できるケースもあります。

そのため認知症の改善には、まず原因になる病気について正しく理解し、対処することが大切。また、原因となり得る病気を予防するために、生活習慣を見直すことも肝心です。なお、認知症の発症・悪化には心理的な影響も関わっていることがあり、認知症を発症しやすい性格もあるといわれています。

参考資料:認知症有病率など調査について

[Photo by Fox Valley institute]

Credoをフォローする