「世界は速く動きすぎている」休息をとることの大切さがわかるスライド

【読了時間:約 1分

こちらはオフィス用品などを販売するSTAPLES社がつくったスライドです。

以下、スライド毎の日本語訳です。

「最近の調査によると5人に一人の社会人が定期的な休息をとることに対して罪悪感を感じるという、とても忙しいから、、、」

「1分間ごとに、58機の飛行機が飛び立っている」

「1分間ごとに、5つの新しいビジネスがスタートされている」

「1分間ごとに、2億400万通のメールが送信されている」

「1分間ごとに、2100万回の電話がかけられている」

「1分間ごとに、110万杯のコーヒーが飲まれている」

「世界はとても速く動いているので、速度をゆるめるのは難しい」

「でも、調査によると私たちは休息をとるこによって9%も能率がアップする」

「そして、13%も正確に作業できる」

「休息は私たちの脳に、情報を処理するための時間を与えてくれる」

「問題を解決し、創造性を高めてくれる」

「単純に、休息をとることはよりよく生きることを助けてくれる、休息をとろう、とる価値があるものだ」

 

休息をとることを促してはいますが、結局”仕事の能率を上げるため”の休息をとることを促してしまっているという部分が、非常に考えさせられます。

Credoをフォローする