【読了時間:約 1分

みなさん、サイバーセキュリティという言葉をご存知ですか?この言葉は、インターネット上で敵からの攻撃を防ぐことを表しています。一般人にとってわかりやすい被害事例では、個人情報の流出があります。

PCにウイルス対策ソフトを導入していても、スマホに導入するユーザーが少ないためスマホから連絡先が盗まれるようなことが発生しています。そのために、ノートン社、マカフィーなど市販のセキュリティソフトがあります。

気をつけておきたいのが、ネットワーク同士でつながるデジタル機器の家庭への普及で、家電も被害を受ける可能性が高まったことです。例えば、エアコン、冷蔵庫、炊飯器。スマホ、タブレットとアプリ経由で操作可能になりました。いままで家電は電気しかなかったので、ネット上での被害はありませんでした。

しかし、ネット化された家電は、それだけで利用者のデータが盗まれる可能性があります。スマートグリッドといい、ネットワーク化される発電所に使用量を改ざん報告され、予想外の料金請求がくることも考えられます。

ですから、一般家庭でもサイバーセキュリティについて考えておくことが必要なのです。

内閣官房情報セキュリティセンター

 

Credoをフォローする