【読了時間:約 1分

こちらの動画はスウェーデンの公衆衛生学者、ハンス•ロスリング氏が行ったレクチャーです。たった4分間の動画ですが、1810年からの2世紀の間に人類がどれだけ豊かになったのかということが美麗なグラフィックとともにわかりやすく解説されています。

たった200年前には、世界の中で最も豊かなグループでも平均寿命は40歳程度でした。平均寿命に関しては、全ての国において確実に伸びていることがわかります。一方で、賃金の水準に関してはアフリカの一部の国などでは200年前とほとんど水準が変化していない点にも注目です。

彼のレクチャー自体は30秒頃からはじまります。

【合わせて読みたい】

世界がもし100人の村だったら、あなたがどれだけマジョリティーに属しているかチェックできる表

CEOと従業員の給料の差はこの50年でめちゃくちゃ開いている

東京と名古屋以外人口減!2050年の日本とは

Credoをフォローする