【読了時間:約 4分
 9月8日、E★エブリスタ「スマホ小説大賞2014」授賞式が赤坂で開催された。

今回は、トークショーを中心に紹介する。授賞作品については、E★エブリスタ「スマホ小説大賞2014」授賞式を読んで欲しい。

 

プレゼンター・昨年度受賞者代表トークショー

授賞式に先立ち、行われたのが作家 石田衣良と、電子大賞2013受賞作 2014年3月に双葉社より書籍化がされた『かごめかごめ』の作者のマシンガンズ 滝沢のトークショーである。

石田衣良は、スマホ小説作家の育成、発掘に取り組んでいる理由として「今は、業界が落ち込んでいる。若い人たちと一緒にやることで、元気にしていきたい」と活動への想いを語った。

マシンガンズ滝沢は、昨年授賞者として参加したあとの環境の変化を聞かれ、「自分の書いた小説が書籍化され形になった。夢のよう。芸人仲間には、先生と呼ばれるようになった。」とコメントした。

司会から「お笑い芸人であり作家でもある滝沢さんですが、分けていることはありますか?」と聞かれると、「小説を書くときも、こういう風に書くと、読者はこういう反応をするだろうと予想しながら書いている。受け手の反応を予想しながら書くことは、お笑いと同じ。」と、両方を経験していることの相乗効果をあげた。

筆者が深い、と思ったのが以下のやり取り。

マシンガンズ滝沢が、「ホラーで、ストーカーのような作品を書いていたら、友達が減ってしまった。」と自虐的に話すと、石田衣良は「僕も、小説で書いたベッドシーンの描写が、私本人の行為に思われる。書く内容が、作者を表していると思われるようになる。」と返答。

トークショーを聞きながら、「作家の作風は、どこまでが私で、どこからが演者なのだろうか」という疑問を思いうかべることになった。

 

ゲストトークショー 石田衣良 平愛梨

最後に、石田衣良、ゲストプレゼンターの平愛梨 2人によるゲストトークショーが行われた。

石田衣良 授賞式を振り返っての総括。

とにかく若い。コメントがフレッシュ。スマホ小説は、新しい読者を切り開いていける可能性がある。変わった作品、フレッシュな作品、全体として読んだときに、わかりやすさ、おもしろさといった魅力がある。」と、いっそう、スマホ小説に期待を寄せた。

平愛梨 2013年にE★エブリスタ電子書籍大賞を授賞した作品で映画化された 主演映画『摂氏100℃の微熱』について。

台本を読んだときに、自信の生い立ちと重なる部分があり、すんなり入ることができた。でも、予想がつかない部分もあり、どうして、こうなるんじゃい、と台本に突っ込んだこともあった。」と、出演作品への想いを語った。

スマホ小説作家へのメッセージ

石田衣良

「スマホ小説は、ハードルが低い。書きたい、と思ったらどんどん書いてほしい。」

平愛梨

「受賞、本当におめでとうございます。これから疲れると思うので、ホットアイマスクとか使って、体に負担をかけないように頑張ってください。」と、作家をいたわると、会場に笑いがこぼれた。

 

まずは、書いてみよう。

スマホ小説作家の多くは、学生、主婦、サラリーマンなどの兼業作家であり、スキマ時間を使いながら書いている。そして、石田衣良が話すようにハードルが低いのが特徴である。

スマホで更新できるから、PCを開きどっしりと構えて書くような、いかにも小説を書いている感がない。読者と作っていくスマホ小説では、シナリオをきっちり作っていなくてもキャラクターと物語の核が浮かび上がれば、完璧でなくても大丈夫。

長編小説を書き始めたはいいけど、短編小説になってしまっても、ジャンルをすぐに変更できるから気負いしなくても、大丈夫。このように、小説を気軽に書くことが出来る環境が用意されているのがスマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」である。

小説、書いてみようか、と思い立ったみなさん。まずは、1日数文字、数行でも書き続けていってみませんか?

Credoをフォローする