【読了時間:約 2分

SNEP(スネップ)とは「Solitary Non-Employed Persons」の略称で「孤立無業者」、さらに詳しく述べるなら「20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚無業のうち、ふだんずっと一人か一緒にいる人が家族以外にいない人々」を指す言葉になります。

60歳以上の高齢無業者のように、年金による生活収入のある可能性がある人々は含まれません。また、専業主婦(夫)のように、配偶者によって収入のみこめる既婚者も除かれます。

この言葉を提唱し、社会的な問題として捉えているのは、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授です。

ニート研究の第一人者である同教授によれば、SNEPは2000年代に急増し、2011年度の調査では約162万人にも昇っています。ちみなにこの数字は60歳未満未婚無業者の、約6割を占める割合です。

「無業者」というと、日本では一般に「NEET」(ニート)という言葉が認知されています。これは発祥の地イギリスではもはや使われなくなっている言葉で、元は「Not in Education, Employment or Training」(教育を受けておらず、雇用されておらず、職業訓練も受けていない者)の意です。

類似性のあるこの2つの概念の大きな違いは、ニートは「貧困」を問題とした言葉であり、一方のSNEPは「孤立」を問題としているという点です。

SNEPは普段から知人や友人との交流がなく、スポーツや旅行、ボランティアなどの社会活動をいっさい行いません。また、電子メールや情報検束などのインターネット活用もしない傾向にあります。

NHKの番組「あさいち」で特集された女性SNEP問題では、SNEPとなるきっかけを離婚、介護、失恋、職場燃え尽き、Uターン、転職等々としています。

SNEPの増加は社会不安定化や生活保護受給者が増えるなど、財政負担にも繋がる重要な社会問題として、早急な政策対応が求められています。

Photo by Kanesue

Credoをフォローする