【読了時間:約 1分

中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンの国境をまたぐ地域にある「アラル海」はかつては琵琶湖の100倍の広さの世界で4番目に大きな湖でした。

しかし現在は有害な砂をまき散らす、ただの広大な砂漠と化しています。

広さも収縮が激しく、1960年代頃は、九州と四国をあわせたくらいの面積(約66,000〜約68,000平方キロメートル)でしたが、たったの半世紀ほどで大分県くらいの広さほどに収縮してしまいました。

そして、元の湖の中心だった「南アラル海」と呼ばれている部分の収縮が今年に入ってピークに達し、南アラル海の東側の部分が完全に干上がってしまいました。

このままいけばアラル海が完全に消滅するのも時間の問題です。

 

理由は?

1960年頃まではアラル海にはアムダリヤ川とシルダリヤ川の2つの川が注ぎ込んでいて、雪解け水や雨水が流れ込んでいました。

NASAによると、旧ソ連が60年代に元々乾燥地域だったこの地域を良好な耕作地に変えようと計画をして、大量の農業用水を確保するためにこの2つの川の流れを変えてしまい、水を運河に流出させたことがアラル海収縮の原因のようです。

この両河川の9割以上の水量を灌漑に使用するという無謀な行為の影響でアラル海に流出する水の量が急激に減ってしまい、これによりアラル海の収縮がはじまってしまいました。

水分量が減少することで塩分濃度が上昇し、肥料や化学物質で汚染された湖底が露呈してしまいました。

湖が干上がった事により、漁業に依存していた地元の経済は崩壊し、湖底から吹き上がる砂や埃に含まれる農薬が周辺住民に健康被害をもたらすなど、アラル海の縮小は20世紀最大の環境破壊と言われています。

Photo by Martijn.Munneke

Credoをフォローする