【読了時間:約 2分

大型で非常に強い台風18号(PHANFONE)は、4日の午前に沖縄県の大東島地方に接近し、風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら北上しました。

5日にかけ沖縄本島・鹿児島県奄美地方、そして西日本の太平洋側、6日にかけて西日本から東日本の太平洋側へ近づく見込みとされています。

気象庁では広範囲にかけての大雨や暴風、高波、土砂災害や低い土地の浸水に警戒をするとともに、落雷や竜巻などの突風、高潮に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によると4日南大東島では1時間に58.0ミリの非常に激しい雨が観測されています。

4日21時50分の発表によると、南大東島の北北東約160kmにあり、北北西へ毎時10kmで進んでいます。

中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径190km以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

また、5日からは西日本と東日本の太平洋側を中心に、本州付近に停滞する前線の影響も伴って多いところでは1時間に80ミリの大雨になると予想されています。

5日の午後6時までの24時間雨量は、多いところで九州南部250ミリ、東海180ミリ、

沖縄地方・四国、近畿150ミリ、九州北部と奄美地方・伊豆諸島で100ミリと予想されています。

さらに5日の夕方から6日の夕方にかけての雨量は、多いところで東海400~600ミリ、

近畿300~500ミリ、四国300~400ミリ、関東甲信・北陸200~300ミリ、四国地方100~200ミリと予想されています。

関東甲信では6日の朝から交通機関の乱れなどに十分注意が必要です。

いつもより早めに家を出る、できれば傘よりもカッパを用意、長靴を履いて行くなど事前に十分な準備をし、台風接近中はできる限り外出は控え、河川など危険な場所へは近づかないようにしましょう。

Photo by Yahoo!台風情報(10月4日22:00現在)

Credoをフォローする