【読了時間:約 1分

マイナビウーマンの「ポケベル」を説明する記事に対し、インターネット上では、数列を出し合いどのように読むかを競うクイズを出し懐かしがったりと話題になっています。

ポケベルとはポケットベルの略で、無線呼び出しの事を言います。今は携帯電話が普及して使われなくなりましたが1990年代の女子高生の連絡手段と言えば「ポケベル」でした。

ポケベルは手のひらサイズの受信機で、それぞれに番号が振り分けられていて、そこにかけて数字を入力するとその数字が相手のポケベルに表示されるという物でした。

ポケベルに受信すると近くの公衆電話に行くという光景がよく見られていました。携帯電話が普及している現代で考えれば、使いこなすにはとっても面倒な物だなと思うかもしれませんが、当時は電話や手紙くらいでしか連絡手段が無かった為、その時代では新しく、便利で楽しめるサービスだったと言えます。

相手に返事をするために高校の近くの公衆電話に行列が出来たり、ベル友と言われる流行語まで生まれましたし、「ポケベルが鳴らなくて」という曲がヒットするほど大勢の人が利用していました。

ポケベル言葉とは、14106(愛してる)、0906(遅れる)、724106(何してる)など数字の語呂合わせでメッセージを送る事を言い、いくつもの語呂合わせが利用者によって作られました。

こんなに社会現象にもなった「ポケベル」でしたが、PHSの普及に伴いだんだんと衰退していきました。

今回話題になったポケベルの記事で、文字の数列に懐かしむ人も居ればポケベルを知らない世代は何かの暗号と思った人も少なくないのではないでしょうか。

それと同時にたった20年の間に携帯電話やスマートフォンなど、とても高機能な物に進化を遂げた技術の進歩に驚かされます。

Photo by おたくま経済新聞

Credoをフォローする