【読了時間:約 2分

埼玉県入間市豊岡で10月15日、大東文化大学3年生の女子大生・佐藤静香さん(21)が殺害された事件で、近所に住む男子大学生が逮捕されました。今回、殺人の容疑で逮捕されたのは入間市豊岡5丁目に住む日本文化大学2年生・沼田雄介容疑者(20)です。

事件の詳細は、15日午後10時15分ころ、入間市豊岡の住民から「女性の悲鳴が聞こえた」との 110番通報があり、通報を受けた警察官らが現場に駆けつけたところ、若い女性が刃物のようなもので刺され、血を流した状態で倒れているのが見つかったということです。

佐藤静香さんは腹・胸・背中など複数ヶ所を刺されており、まもなく死亡が確認されました。

埼玉県警はただちに殺人事件として捜査を開始しましたが、翌16日午前1時20分ころ、日本文化大学2年生の男子大学生・沼田雄介容疑者(20)が近くの警察署(狭山署)に自ら出頭し、「女性を刺した」などと話し、その後殺人容疑で逮捕されました。

この沼田容疑者ですが、入間市消防団の所属しており消防団では、「あいさつも身なりもきちんとしていて、好青年という印象」で、容疑者と同じマンションに住んでいるという女性(21)も「(体格は)がっしりしているが、優しくてすごくいい子という印象。

お母さんは『心優しくてデリケートなところもある』と言っていた」となぜこんな事件を起こしたのだろうかと驚いていた様子でした。

日本文化大(東京都八王子市)の広報によると、出席率はあまり良くなかったが学内で問題を起こすこともなく、おとなしい印象だったとしています。

このように普段はおとなしく近所の評判もいい青年が、突然殺人に至ってしまうケースはよく耳にしますが、一体何があったのでしょうか。今回のこの事件ですが、佐藤静香さんと沼田雄介容疑者との間に面識はなく、無差別殺人と見られているようです。

逮捕後の沼田雄介容疑者の供述では、殺人に至った動機は「誰でも良かった」と話しているそうです。

photo by http://www.xanthous.jp/wp-content/uploads/2014/10/thumd2786.jpg

Credoをフォローする