【読了時間:約 9分

あなたはお酒が強い人?弱い人?

あなたはお酒が強い人ですか?それとも弱い人ですか?

みなさんがこれまでの経験から自覚している「お酒の強さ」。でも経験ではなくて、自分の本当の「お酒の強さ」がどれくらいなのか、気になったことはありませんか?
これって実は科学的に、もっと言えばそれぞれの遺伝子レベルで分類することができるのです。

自分の「お酒の強さ」を見誤ったまま飲み続ければ、健康を脅かす大きな危険にもなりかねません。
まずは以下の図をもとにご自身のタイプを診断してみてください。

チャート(出典:筆者作)

Type.A:

まったくお酒が飲めない人。一口で顔が真っ赤になったりする人。
日本人のおよそ5%

Type.B:

それなりにお酒は飲めるが頭痛・二日酔いがある
健康にお酒が害を及ぼす可能性が最も高い。
世間的にはお酒が弱い人と言われる。
日本人のおよそ40%

Type.C-1:

だらだらとずっと飲み続け、ほろ酔い気分がずっと続く人。
二日酔いや頭痛はあまりないが、アルコール依存症になるリスクが最も高い。
日本人のおよそ20%

TypeC-2, C-2’:

「大酒家・いくらでも飲める人」と表現される人。
アルコール摂取量は必然的に増えるので、肝臓などの障害に気をつける必要がある。
日本人のおよそ30%となります。

 

後々解説してゆきますが、今回の分類では

Type.AとType.Bは「お酒が弱い人」
Type.Cは「お酒が強い人」

となります。
(もちろん、この記事では「お酒が強い」または「弱い」ということに対して一定の評価を与えることは意図していませんのでご理解ください)

以下では、なぜこのような5つのタイプ分けが遺伝子的に可能なのかについて、また5つのタイプそれぞれについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

アルコールの分解に関わる二つの遺伝子

お酒を飲んだ後には体内でアルコールが分解されて、最終的には水と二酸化炭素になりますが、その分解に関わるものとして二つの遺伝子がよく知られています。
そしてその遺伝子がどのくらい働いているかによって体のアルコールに対する反応性が変化します。
その遺伝子とは

ALDH2遺伝子(アセトアルデヒドを分解)
ADH1B遺伝子(アルコールを分解)

と呼ばれるものです。

ちなみに「遺伝子」と言われても漠然として少し想像するのが難しいですが、この記事の中に限っては
遺伝子=物質の解体屋さん
と思って頂ければわかりやすいかもしれません。

体内ではまずADH1B遺伝子の働きにより、アルコールがアセトアルデヒドに分解されます。その後ALDH2遺伝子の働きによりアセトアルデヒドは、酢酸へと分解され最終的には水と二酸化炭素になります。
分解図
(出典:筆者作)

アルコールというのは体にとって毒でもありますが、いわゆる高揚感をもたらすものでもあり「ほろ酔いで気持ちいい状態」を演出している物質と言えます。それに対して、頭痛や二日酔いを引き起こし、主に体に悪さをしているのが「アセトアルデヒド」であり、人体に対して毒性の強い物質として知られています。

よって「お酒に強いか弱いのか」に関しても、アセトアルデヒドの分解を出来るかどうかが鍵となります。「アセトアルデヒドは悪者」と覚えておいてください。

そこでここでは「アセトアルデヒドを分解することができるのか否か(ALDH2遺伝子が働いているか否か)」ということに基づいて「お酒が強い・弱い」の分類をしていきます。

 

「お酒に強い・弱い」の5分類

Type.A:アセトアルデヒドが分解できない(ALDH2遺伝子が働かない)

日本人では人口のおよそ5%の人で、アセトアルデヒド分解能(アセトアルデヒドを分解する能力)が無いと言われています。この時点でタイプとしては「一口飲んだだけで・・・」と表現されるお酒が全く飲めない人になります。

アセトアルデヒドは頭痛・悪酔い・顔の赤らみの原因となる悪者の物質として知られており、分解できなければこれらの症状が出ます。

さらに、Type.Aの中にもアルコール分解能(アルコールを分解する能力)が強いのか弱いのかという二つのパターンが考えられますが、アセトアルデヒドを分解できないので、どちらにせよ「お酒は全く飲めない人」ということになります。

アセトアルデヒドに関しては、まったく分解することが出来ない「非活性型」の人が有り得ますが、アルコールに関して非活性型はないので、分解能が「有る・無い」ではなく「強い・弱い」という表現になります)

これらの人々は飲酒行動をとることが出来ず、そもそもアセトアルデヒドが蓄積する状況にならないので、アセトアルデヒドによる健康被害が大きくはなりません。

 

Type.B:アセトアルデヒド分解能がそれなり(ALDH2遺伝子がそれなりに働いている)

「お酒はそれなりに飲めるが、二日酔いがあったり顔が赤くなったりする」人と表現できます。こういった人は日本人ではおよそ40%いると言われています。

このタイプの人々には「飲酒行動はそれなりに取れ、分解されないアセトアルデヒドが体内に蓄積してしまう」ということが起きてしまい、実は一番、毒物としてアセトアルデヒドの影響を受けてしまうと言われています。

アセトアルデヒドやアルコールは発がん物質としてWHOに登録されているほどで、長年さらされることで胃がん・肝臓がん・食道がんなどのリスクが上がってしまいます。

 

Type.C-1:アセトアルデヒド分解能がしっかりあるが、アルコール分解能は弱い(ALDH2遺伝子はしっかりと働くが、ADH1B遺伝子は弱い)

アセトアルデヒドの分解能がしっかりあるのは、日本人の中のおよそ50%と言われています。それに対して、一般的にお酒に強いと言われる欧米人ではなんと99%の人で分解能がしっかりしていると言われています。

これらの人々の体ではアルコールが体内に蓄積し、簡単に表現すれば気持ちよくほろ酔い気分が訪れます。さらにアセトアルデヒドになったものも分解され、蓄積することがないので悪酔いはありません。

一番気持ちよくお酒を飲むことが出来ると言えますが、アルコール依存症のリスクが最も高いのも事実です。またアルコールもアセトアルデヒドと同様、発がん性のある物質ですから、まったく油断はできません。

 

Type.C-2:アセトアルデヒド分解能が有り、アルコール分解能も高い(どちらの遺伝子も働いている)

こういった人は日本人ではおよそ30%いると言われています。

これらの人々の体では、アセトアルデヒドもアルコールも速やかに分解されるので、一般的には「大酒家・いくらでも飲める人」と言われます。もちろんアルコールの分解では肝臓に負担がかかるので、これらの人がいくら飲んでも問題ないということにはなりません。

 

Type.C-2’:アセトアルデヒド分解能が有り、アルコール分解能に関しては低かったが、飲むうちに高くなった

この分類では少し特殊な例と言えるかもしれません。
誰しも耳にしたことがあるかもしれませんが「飲んでいるうちにお酒に強くなった」という人はこのタイプに当てはまります。

アルコールというのは、ADH1Bが関連する分解ルートとは別に、飲んでいるうちに獲得する分解ルートがあると言われており、「もともとは飲んでもすぐ酔っ払っていたが、次第にあまり酔わなくなった」という体験をした人は、このタイプに当てはまると言えます。

結果的には「大酒家・いくらでも飲める人」と表現されることになります。
(ちなみに、アセトアルデヒドに関してはALDH2遺伝子の関与しない分解ルートというのは見つかっておらず、遺伝子的に分解能がないのであればそれまでということになってしまいます。)

 

世の中の見方としては、TypeC-2, C-2’のいくら飲んでも酔わないような人が「お酒に強い」と言われている印象がありますが、この記事のタイプ分けで行けば、Type.C-1も「お酒に強い」ということになります。

以上、「遺伝子」ということに基づいて「お酒の強さ・弱さ」を5パターンに分類いたしました。
みなさんそれぞれのタイプをよく理解し、アルコールで体を壊すことがないよう、自分に合ったお酒の飲み方をしましょう。

[参考文献]
吉原達也,笹栗俊之, 2012, 「ALDH2遺伝子多型と臨床医学」『福岡医誌』 103(4): 82-90.
樋口 進, 2014, EBSホームページ(2014年10月20日取得, https://www.e-b-s.co.jp/products/genotypist1.html)

Credoをフォローする