【読了時間:約 2分

よく招待状などに書かれている「平服でお越しください」の「平服」とは、一体どんな服のことをいうのでしょうか。知っておかないと恥をかいてしまうかもしれない社会の常識、ここでもう一度確認しておきましょう。

一般的に格式の高い式か会合などに参加する際は、「礼服」を着用することが多いです。「正礼装」とも言いますが、男性であればタキシードなど、女性であればドレスや着物などが一般的です。「平服」とは、言葉上は「普段着る服」ですが、意味としては「礼服ほど正装しなくても構わないが、その場に適した服」ということです。

つまり、「略礼装」と考えましょう。「平服」と書かれているからといって、普段着のジーンズにTシャツで会場に行った日には、大恥をかいてしまいます。一般的な「略礼装」は、男性の場合スーツです。色はダークカラーかブラックが基本。どんな場面でも浮かない、定番カラーです。

中に着るシャツは白で、ネクタイは白かシルバーが賢明でしょう。ブラックスーツであれば、蝶ネクタイも選択肢の一つです。胸元にポケットチーフを飾ると、より礼装感が出てベストです。普段からスーツを着ることの多い男性にとっては、ポケットチーフを飾るだけで、仕事着とは違う印象が出ます。

女性の場合、スーツやワンピースが一般的です。スーツはパンツスーツでも問題ないでしょう。デザインは男性より選択肢が広がりますが、カジュアルすぎるものは避けるべきです。

注意すべき点は、とくにウェディングであれば、花嫁のドレスの色と重なってしまう可能性のある白は避けます。また、黒は喪服を思わせるので避ける、という人も多いです。

アクセサリーは身につけて問題ないので、極端に派手なものは控えつつも、適度に華やかさを演出してくれるものを身に着けるのもいいでしょう。「平服」という言葉の印象だけに惑わされず、「何のためにその会場に行くのか」ということを考え、その場に適した服装で参加することが重要ですね。

Photo by 結婚準備室

Credoをフォローする