【読了時間:約 2分

10月17日にサプライズで発表された新型Mac mini。発表を耳にして聴衆が一番驚いたのが、その価格です。従来のモデルと比べると、米ドルで100ドル(日本円換算で約1万700円)も安くなっています。Appleでの販売価格は1.4Ghzが52,800円、2.6GHzが74,800円、2.8GHzが106,800円(いずれも税別)です。

早速、気になる新型Mac miniの概要を見てみましょう。サイズはいずれも同じで、高さ3.6センチ、幅19.7センチ、奥行き19.7センチとかなりコンパクト。搭載プロセッサは第4世代であるIntel Core i5です。2.6GHzと2.8GHzモデルに関しては、オプションとして3.0GHzデュアルコアIntel Core i7に変更可能です。

小型でありながらもパワフルなところが大きな魅力ですね。負荷のかかるアプリケーションを使っている時に速度が落ちないよう、Turbo Boost 2.0がクロックスピードの高速化を促します。Hyper-Threadingによりスレッド2つの同時進行ができ、マルチタスクもサクサク。

小型になってもパワーが欲しい、という人にはピッタリです。グラフィックパフォーマンスも、従来と比べると圧倒的に高速で、その処理能力は最大で90%も向上しています。高速なのはそれだけではありません。

搭載されているThunderbolt 2のデータ転送の速さが最大20Gb/s。1つのポートで最大6台、Thunderbolt対応デバイスを接続することができます。もちろん、Thunderbolt以外にもギガビットEthernet、HDMI、USB3のポート、そしてSDXCカードスロットが内臓。

どんなデバイスを持っていても、躊躇わず使用することができますね。各タイプによりストレージ能力に大きな差があるので、そこには注意する必要があります。1.4GHzモデルは500GBハードドライブ、2.6GHzモデルは1TBハードドライブ、2.8GHzモデルには1TB FusionDriveが搭載されており、個体差がかなりありますね。

嬉しいのは、いずれのモデルにもオプションとして1TB Fusion Driveへの変更が可能ということです。Fusion Driveは使用頻度の高いアプリケーションなどは早くアクセスできるようフラッシュストレージに保管し、頻度の低いものはハードドライブに移してくれます。起動時間の短縮に繋がる、大きな魅力ですね。

様々な魅力のある新型Mac mini。今年注目の新商品であることは間違いないでしょう!

Photo by IT速報

Credoをフォローする