【読了時間:約 2分

望月環境大臣は28日の深夜に記者会見を開き、自身が関係する政治団体の政治資金収支報告書に記載した支出約660万円について、事実と異なる記載をしていたことを明らかにしました。NHKなどが伝えています。

望月氏の説明によると、2008年と2009年の年始に開催した賀詞交歓会について事実と異なる記載があったとしています。実際には実行委員会を立ち上げ、後援会の事業ではありませんでしたが、自身の後援会の収支報告書に計約660万円の支出として記載していました。

望月氏は、今回の件が政治資金規正法や公選法に違反していないとの認識を示した上で「環境省は問題が山積しているので一生懸命頑張りたい」と述べ、辞任する考えがないことを表明しています。

事実と異なる記載があった理由として、「違法な支出ではなかったものの当時この種の支出が社会的に批判されていたこともあり、そのまま計上することを妻がはばかり、その額に見合う支出であった賀詞交歓会の支出を計上した」と説明しています。

Twitter上では、政治資金報告書に事実と異なる記載があったことに加えて、その理由として亡き妻を持ち出していることに関して批判が集まっています。

Photo by NHK

Credoをフォローする