楽天が「楽天モバイル」開始、格安でスマホ利用が可能に

【読了時間:約 2分

楽天グループは10月29日、NTTドコモのネットワークを利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「楽天モバイル」の提供を開始すると発表しました。

その利用料金が格安ということに注目が集まっています。販売するのは、端末のみ、端末+SIMカード、SIMカードのみの3タイプ。

端末はAsus社の「Zenfone5」で、“Kit Kat”の愛称で呼ばれる最新バージョンのAndroid4.4を標準搭載しています。スクリーンは5インチと大画面で、GPS、テザリング、Bluetoothにも対応しています。

端末+SIMカードの一括販売価格は2万6400円。分割払いも可能です。

月額料金は上限データ量によって変わります。高速データ通信の容量がないベーシックプランであれば、月額1250円。高速データ通信の容量が2.1GBプランで1600円、4GBプランは2150円、7GBプランは2960円です。

高速データ通信とは、NTTドコモの3GとLTEを利用した通信で、下り最大150Mbps、上り50Mbpsでの通信が可能です。

仮に一月の上限データ量を上回ってしまった場合、最大200kbpsでの通信となります。現在多くのスマートフォンが月に6000円以上かかってしまうことと比べると、随分と低価格でスマートフォンが利用できることになります。

音声通話は30秒ごとに20円課金される従量課金制で、通話が多い人には割高なプランかもしれません。

ただし、楽天ではViberや楽天でんわなどの格安電話アプリがあり、これらを上手に使いこなせば、通話料を安く抑えながら月額料金の安い楽天モバイルを使うことができます。

SIMカード単体、末端+SIMカードの申込は10月29日に開始されます。また、MNPの申込は11月6日から受付が開始されます。

Photo by flickr

Credoをフォローする