【読了時間:約 1分

10月31日はハロウィーンです。日本におけるハロウィーン人気は年々高まっており、クリスマスやバレンタインには及ばないもののイベントとしての存在感は増してきています。

さて、そんなハロウィーンですが、その起源や意味を知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

ハロウィーン(Halloween)は、ケルト人(古代のヨーロッパに住んでいた人々)が起源であるという説が有力です。

ケルト人にとって10月31日が1年の終わりで、その日に死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

Halloweenの語源は、11月1日がカトリックの祭日「諸聖人の日」で、その前夜を意味する「All Hallow’s Eve」が短縮され「Halloween」になったとされています。「Hallow」は「神聖なものにする」という意味で、「Holy(神聖な)」と同じ語源を持つ言葉です。

この日は、聖なる霊と一緒に悪霊もこの世にやってくることから、悪霊にとり憑かれないように魔女やお化けの振りをして悪霊をごまかしたことが現代に続く仮装文化の始まりであると言われています。

また、そこからさらに派生して、現代ではお化けなどの仮装をした子どもたちが家々を「Trick or Treat」(お菓子をくれたらいたずらしないよ)と言って周ることが習慣になっているのです。

古代ケルト人から続く”伝統文化”に思いを馳せつつ仮装してみてはいかがでしょうか。

Photo by Wikipedia

Credoをフォローする