オカルトと科学の境「千里眼事件」とは

【読了時間:約 2分

「千里眼事件」とは、明治の末の社会状況や、学術状況を背景として起きた千里眼や念写の能力を持つと称する人達が、一部の学者と共に巻き起こした真偽論争などの一連の騒動のことです。

そもそも「千里眼」とは、その場に居ながらにして、千里先をも見通すことが出来る超能力の事を言います。現在では「透視」と呼ばれることの方が多くなっています。

明治30年代半ば頃の日本は、催眠術ブームが起こり、千里眼による体内透視で治療を行うといった、民間療法を行う民間医が多く居ました。

その中でも1人の女性が特に注目され新聞に取り上げられました。それにより、東京帝国大学、京都帝国大学(現在の東大、京大)の一部の学者達が注目し始め、直接的に実験を行いました。カードを用いた透視実験が行われ、高い的中率を得ていたようです。

その後公開実験も行われましたが、「千里眼」の能力の真偽に対する答えが出ないままになりました。理由は、千里眼による透視実験の時に、背を向けた形で座って行われていたために、手元をはっきりと確認することが出来ず、本当に透視をしているのかの真偽が分からなかったからです。

その後、その女性は自らの命を絶ってしまった事から「千里眼」の真偽は永遠の謎になりました。

その後違う女性も注目され、多くの実験が行われましたが、透視用の封筒に開封の跡が発見されたりするなど不審な点が多く、実験を行った物理学者の間では手品の一つに過ぎないと結論付けられました。

結果的に、「千里眼」を持つと言われていた人物や実験を積極的に行っていた学者も世間から強いバッシングを受けるようになりました。そして学者自身も科学的な手法によっては千里眼の能力は実証されないといったような事を公言するようになり、現在のように「千里眼」はオカルトであるという位置づけになったのです。

Photo by flickr

Credoをフォローする