【読了時間:約 1分

レイテ島は、昨年フィリピンを襲い死者・行方不明者7300人余りの大惨事をもたらした台風災害で最大の被害地だったことから、被害からちょうど1年を迎えた11月8日に、タクロバンで追悼式典が行われました。

 

レイテ島とは

レイテ島はフィリピンの国土の一部で、ヴィサヤ諸島の東ヴィサヤ地方に位置しています。

島の面積は7368平方キロメートルで、人口は約190万人を数えます。島内最大の都市はタクロバンで、島の北東部に位置する港湾都市です。2008年12月18日に国から「高度都市化都市」に指定されています。

島の主な産業は林業、農業、漁業の第一次産業で、フィリピンの中でも産業化が進んでいない地域です。

日本では以前からレイテ島の名前は知られてきました。第2次世界大戦時にフィリピンは日本が占領した地域で、太平洋戦争史では必ず登場する「レイテ沖海戦」に代表されるように、レイテ島及びその周辺海域は日本と連合軍が激戦を繰り広げた場所として認識されています。

最近では若者の間でもレイテ島の存在が知られる出来事がありました。大阪の朝日放送が制作する人気バラエティ番組「探偵ナイトクスープ」が2011年1月7日に放送した回で、他界した母の遺品から太平洋戦争で戦死した父から届いた2枚の葉書があり、それを判読して欲しいという依頼「レイテ島からの葉書」を取り上げところ、視聴者から大きな感動と反響を集めました。

同番組はベストセラー小説「永遠の0」の作者として有名な百田尚樹氏が構成作家を務めており、番組が放送25周年を迎えた記念として2014年1月に発売されたDVD4本のうち2本を「百田尚樹セレクション」として百田氏が珠玉の16エピソードに選定しています。

Photo by flickr

Credoをフォローする