【読了時間:約 10分

エボラ出血熱という病気がいかに怖い感染症であり、どんな惨状を招いているかという話はよく耳にします。では、人類はエボラ出血熱の猛威を前に手をこまねいて見ているだけしかできないのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。今回の記事では「エボラ出血熱に命を賭して立ち向かう国境なき医師団」の話を書いていきます。西アフリカの現地でエボラ出血熱が実際にどのような影響を与え、住民たちがどのように捉え、医療者はどのように対応しているか、現地の実情について迫ります。

 

復習!エボラ出血熱の特徴

まず一番初めに伝えておきたいことがあります。

無題
出典:CDC

エボラ出血熱は、
・空気感染しません
・水を介して感染しません
・食事を介して感染しません

日本で初の感染者が出てもこのことさえ知っていればパニックに陥らずにすみます。簡単に言えば、いつも通り生活していたら知らない間にエボラ出血熱に感染していた、ということはあり得ないということです。

エボラ出血熱は「致死率は高いが、感染経路はかなり限られている」ことが知られています。

エボラ出血熱は「発症中のエボラ出血熱患者の体液(血液、分泌物、吐物、排泄物)に傷口や粘膜が触れる」ことでしか感染しません。発症中の患者だけということが大切です。発症前の患者からも回復後の患者からも感染することは基本的にはありません。

しかし、エボラ出血熱患者を看病した家族や対応した医療者は患者の吐物や排泄物などに触れる機会が多く、エボラ出血熱に高確率で感染してしまいます。

エボラ出血熱が残忍な感染症と呼ばれる理由はここにあります。エボラ出血熱の患者に寄り添った人たちが次々と自らもエボラ出血熱患者になってしまう点です。このエボラ出血熱の特徴はその高い致死率と合わせて、この感染症の制圧を一段と難しくしています。

このエボラ出血熱の前に、人類はどのように対応していけるのでしょうか。

 

命を賭してエボラ出血熱と戦う国境なき医師団の現状

残忍な感染症を前に、毅然と立ち上がった団体がいます。あの「国境なき医師団」です。彼らは現地スタッフを募集し、その現地スタッフと共に「エボラ出血熱」の対応に当たっています。

命を賭してエボラ出血熱と戦っている、いう表現は決して比喩表現ではありません。現在、2014年11月5日に発表されたWHOのデータによりますと、546名の医療従事者がエボラ出血熱に感染し、310名が命をおとしています。(文献2,5)

万全の対策を期してさえ、感染者や死亡者が出てしまうほどエボラ出血熱とは脅威的な感染症なのです。彼らがどのようにエボラ出血熱の患者に対応しているのか、そしてそこにはどのような障壁があるのかについて書いていきます。

 

エボラ出血熱を扱う施設と装備

まず、こういった感染力の高い感染症の治療に当たるためには、施設の工夫が大切です。どういった施設でエボラ出血熱の患者の対応をしているのか、下の図をごらんください。

(クリックで拡大します)
image
出典:国境なき医師団日本

高リスク区画も詳しく見ていきましょう。(高リスク区画:エボラ出血熱の感染が検査により確定された患者、エボラ出血熱を疑う症状が出ている患者を受け入れる場所)
(クリックで拡大します)
image
出典:国境なき医師団日本

エボラ出血熱は非常に感染時の致死率が高いことから、感染が検査で確定している人、感染の可能性が高い人、感染が疑わしい人、などと感染の可能性の高低で分けて扱う必要があります。それは、感染が疑わしいだけで実際感染していない人が、感染者と触れ合って本当に感染してしまう怖れがあるためです。

そのために、このように患者の区画や医療者の往来のルールを厳しく決めた施設で患者の対応に当たるのです。

また、特効薬がないため国境なき医師団がエボラ出血熱の患者に行うことができる最善の策は、対症療法(症状を和らげる方法)で死亡率を下げることです。

マラリアなどほかの病気になってないことを確認し、脱水の患者には点滴を打ちます。ビタミンと鎮痛剤を使用することもあります。ただし、患者が意識を失い、多量に出血し始めた場合は助かる望みがないため、苦痛を和らげて最後まで寄り添う看護に切り替えます。

感染者の治療にあたるスタッフ全員が、防護服、手袋、マスク、ゴーグルを着用しています。これらの防護グッズは2時間おきに取り替えます。そもそも、西アフリカの地では密閉状態となる防護服が熱すぎて防護服の中に汗が溜まっていくため、1時間ほどしか活動できないそうです。

医療従事者がエボラ出血熱に感染してはいけないので、厳格な感染制御策を講じています。

患者と患者の間には十分なスペースを設けています。また、図でみたように高リスク患者と低リスク患者は異なる区画に収容されています。十分な数の照明で明るさを確保し、廃棄物管理を安全に行えるようにしています。もちろん、病棟の清掃と消毒は定期的に行われています。

国境なき医師団の各事務所から派遣している外国人スタッフは1カ月ほどで任務を終えるようになっています。理由は、過度の疲労蓄積を避けて、リスクの軽減を徹底するためです。

エボラ出血熱は高い致死率を持ち診ている患者が次々と亡くなるため肉体的疲労のみならず精神的にも疲労がたまっていくのです。また、スタッフは常に2人1組で業務にあたります。これもお互いの安全に注意を払い、相方がミスをしないよう、そして、疲労をためないように徹底する目的です。

以上のように、自らの安全を確保しながら過酷な仕事を行っているのです。

次のページへ>>エボラ出血熱制圧に立ちはだかるウワサの壁<<

Credoをフォローする