【読了時間:約 4分

めまい、難聴・・・今井翼、メニエール病と診断

ジャニーズ事務所所属で、タッキー&翼としても活躍するタレント・歌手・俳優の今井翼さん(33)がメニエール病の診断をうけたと各メディアで報じられています。

疲労・ストレスなどによって引き起こされる病気であることが知られており、彼の多忙さが体に現れてしまった結果なのかもしれません。しばらくは療養することが求められますが、ファンたちからも早めの復帰が望まれていることでしょう。

メニエール病はその特徴的な名前から聞いたことがある方も多いかと思いますが、頻度で言えば人口10万人当たり15~18人の発症率とされていて、国の難病に指定されている珍しい病気と言えます。(出典:難病情報センター|メニエール病)

 

気をつけるべき「中枢性めまい」と「末梢性めまい」

まずはメニエール病がどんな病気かということの前に「めまい」という症状に対して非常に注意すべきことがあります。

通常「めまい」といった時には、その原因部位から二つに分けることができ、脳に原因のある「中枢性めまい」と、メニエール病などのような耳に原因のある「末梢性(まっしょうせい)めまい」となります。中枢性めまいでは、めまいや難聴の他に頭痛・手足のしびれ・麻痺・ろれつがまわらないなどの症状が出ることがあります。

中枢性のめまいを引き起こす病気としては脳梗塞・脳出血・脳腫瘍などが挙げられ、通常これらは速やかに診察・治療する必要があります。意識すべきなのは「めまいが続くようであれば医療機関にかかる必要があるが、特に頭痛・手足のしびれ・麻痺・ろれつがまわらないなどの症状を伴う場合は速やかな受診が必要」ということでしょう。

 

メニエール病ってどんな病気?

【症状は?】
めまいに伴って、難聴・耳鳴りや耳が塞がった感じに襲われます。めまいは前触れなく訪れ反復性があり、10分から数時間続き、吐き気を伴うことが多いです。数秒~数十秒の持続時間の短いめまいはメニエール病ではない可能性が高いです。

【原因は?】
耳の中に三半規管などを含む「内耳」という部分があります。そこを循環するリンパ水が増えてしまうことで、内耳を圧迫してしまうことが原因と考えられています。これらが引き起こされる原因はわかっていませんが、疲労やストレスによって誘引されることが知られています。また30~40歳代の几帳面で神経質な人に多いとも言われています。

【メニエール病は怖い病気?】
メニエール病は一般に命に関わる病気ではなく、多くは薬によって治療され症状の改善が見られます。しかし、メニエール病による難聴というのは長期化してしまえばそのまま治らないこともあり、患者が社会生活をおくる上で多大な悪影響を及ぼすとも言われています。早期に診断及び治療を進めることが重要でしょう。

【治療は?】
メニエール病の治療は、まず生活指導から始まります。上述のように、疲労・ストレスが原因と考えられていますので「ストレスの軽減・過労防止・適当な運動」などを促し心理的なアプローチをします。

またそれと併せて薬も使われます。具体的には、内耳に溜まってしまったリンパ水を体外に排出できるような利尿薬(尿量を増やす薬)を使います。これら生活指導と薬物療法が「保存的治療」と呼ばれ、最初に行われる治療です。

保存的治療があまり効かない場合、「内リンパ嚢開放術」という手術が行われることがあります。(手術よりも先に「中耳加圧治療」というものがとられることがありますが、日本ではあまり一般的でありません)

メニエール病では、内耳の中を循環しているリンパ水が増え貯留してしまっている状態にありますが、そのリンパ水が溜まっている「リンパ嚢」を切開し、圧迫を解除することが目的の手術となります。この手術は、直後の有効性は高いと言えますが中長期的に見ると再発の可能性もあると言われています。

[参考文献]
•厚生労働省難治性疾患克服研究事業 前提機能異常に関する調査研究班,2011,『メニエール病診療ガイドライン』,金原出版株式会社
•切替一郎,2013,『新耳鼻咽喉科学』,株式会社南山堂
•難病情報センター,2013『メニエール病』,難病情報センター(2014年11月13日取得,http://www.nanbyou.or.jp/entry/336)

Photo by flckir

Credoをフォローする