「日経平均株価」の意味をこっそりおさらいしておく【用語解説】

【読了時間:約 2分

テレビやラジオのニュースで、「日経平均株価」という言葉をよく耳にします。この言葉の意味、わかっていそうで実はわかっていない人も多いと思います。

一言で言えば日経平均株価とは、日本を代表する225の株式の銘柄から算出した株価指数のことを言います。日経平均株価の算出に用いられる銘柄は、この指標を作成している日本経済新聞社があらゆる分野から満遍なく選んでいます。

選ばれる会社は、日本国内でも名前の知れた有名企業という場合がほとんどです。代表的な銘柄を挙げると、電化製品ならソニー、不動産だったら住友不動産などがあります。

 

日経平均株価の上下は何を意味するのか

日経平均株価の算出の対象になっている会社の株式に、買い手が増えると日経平均株価上がり、売り手が増えると下がります。

株価の上昇は、株式を保有したいと思っている人が増えているということです。買い手は株価が上がることを期待しています。

つまり、日経平均株価の上昇は、日本の有名企業の業績が、これから上がっていくという見方をする人が増えているということを意味しています。

現在の安倍政権になってから、日経平均株価は、右肩上がりの上昇を続けています。しかし企業の業績が下がっていることから、株式の買い手は、日本の有名企業の将来に期待を持っているわけではありません。

極端な金融緩和政策を採用し、日本円の価値が下がった結果、株式や債券、外貨などの有価証券に換えておいた方が資産を守れるとの判断によるものだと考えられます。

これは日経平均株価の上昇と一口に言っても様々な理由があるということを示す格好の例です。

株価の上下した理由を予想してみると、経済のセンスが高まります。日経平均株価を理解することで、経済に対する興味も深まっていきます。

Photo by Dick Thomas Johnson on flickr

Credoをフォローする