日本のタカタエアバッグ問題、全米に拡大

【読了時間:約 1分

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は26日、自動車部品メーカー大手・タカタ(東京)宛てに送った書簡の中で、運転席用エアバッグのリコール(無料の回収・修理)では不十分だとして、直ちに全米に拡大するよう同社に求めました。

書簡はさらに、「最近入手したデータをNHTSAが分析した結果、この欠陥の対応は多湿地域に限定するべきではない」と表明しています。

タカタは、他地域での事故の原因がわかってないうえ、全米でのリコールに必要な代替品の配給拡大がすぐにはできないとし、フロリダ州やハワイ州など高温多湿地域のみが適当だとして難色を示していました。

しかし、NHTSAは対象外のノースカロナイナ州でもエアバックの破裂事故があったとして、12月2日までにリコールに関する報告書を提出するよう要請しました。

それに対し、タカタは「書簡は受け取った。内容を確認して対応を検討したい」と発言。もし同社が届け出なければ、1台につき最高7000ドル(約82万円)という民事制裁金を科される可能性もあります。

新たにリコール対象となる車両はホンダ、マツダ、フォード、クライスラー、BMWの計数百万台。事実上、NHTSAが全米でのリコールを強制した形となりました。

photo by Flickr

Credoをフォローする