幸楽苑の290円ラーメンが販売中止、理由は岡山店舗の成功

【読了時間:約 2分

国内有数のラーメンチェーンを展開している”幸楽苑”が11月27日の決算説明会で、看板商品であった「中華そば」(税抜き290円)の販売を中止することを明らかにしました。

「中華そば」と言えば、幸楽苑で約10年にわたって看板商品でしたが、2015年4月からは520円(税抜き)の新醤油ラーメンに主力商品を切り替える計画のようです。

幸楽苑は、国内に500店舗以上を構えるラーメンチェーン店で、他店の価格を大きく下回る290円のラーメンが主力商品であり、長年人気を集めていました。

しかし、原材料価格の上昇や光熱費の高騰、人材確保競争などで苦戦し、また利益率の低さも指摘されていました。 290円の中華そばは、以前は売上高の32%を占めていましたが、現在は17%程度にまで後退し、前々から販売中止を考えていたようです。

来年4月の発売を計画している主力商品は、中細麺のしょうゆラーメンで、10月からは岡山県限定で販売を開始しています。 このラーメンは、来春には商品名を変更して全店に投入する計画です。

岡山県限定の醤油ラーメンは、10月20日にオープンした倉敷四十瀬店で販売を開始すると、限定ラーメンの注文率が開店当初は50%を記録し、その後約1ヶ月も47%の高水準を維持しているのです。

幸楽苑直営店の平均客単価が620~630円と比べ、同店舗の客単価は730と100円程度高くなっています。 また、この新商品は北海道をはじめとした他の地域の店で試験的に導入したところ、評判は上々だったようです。

新井田社長は、「大好評の岡山県限定ラーメンを見て、290円の中華そばをやめる決心がついた。今の外食業界は低価格路線が失敗している。高単価商品で勝負するグッドタイミングだと感じた。 この新商品はわが社を救う”渾身の一杯”になるだろう」と語っています。

photo by Flickr

Credoをフォローする