もう痛くない?新型「針なし注射器」の開発に成功

【読了時間:約 1分

芝浦工業大学機械工学科所属の山西陽子准教授が気泡の圧力を利用して試薬や遺伝子を体内に届けられるという新しいタイプの「針なし注射器」の開発に成功しました。この高度な技術によって痛みを伴うことなく、薬剤などを体内の送りたい場所へ正確に輸送することが可能になります。

「針なし注射器」は既に市販のものがありますが、現在売られている針なし注射バネの力で液体を高圧で発射し、皮膚を貫いて筋肉に薬剤を投与するタイプの注射器で、神経を傷つける恐れや痛みを感じるなどの問題がありました

新開発の注射器は2012年に開発された「マイクロバブルインジェクションメス」の改良版です。直接皮膚に押し当て、試薬を内包した気泡を高速で発射します気泡が弾ける力を利用して、細胞に直径4マイクロメートル微細な穴を空け試薬を注入するという仕組みです

穴が小さいため細胞のダメージも少なく、ヒトの体の痛覚が刺激されないと言われています。従来は液中のみ使用可能でしたが、今回の改良によって空気中で使えるようになったことから試薬がまったり漏れたりする課題が解消されました

この注射器は薬剤を皮下注射する際に利用でき、治療など幅広い用途へ使用が見込まれます今後は構造の最適化を行い、企業と連携し実用化を目指す考えです

photo by Steven Depolo

Credoをフォローする