国宝「鳥獣戯画」東京でも来春公開

【読了時間:約 1分

高山寺(京都市右京区)が収蔵する国宝「鳥獣戯画」を見られる特別展が、2015年4月28日~6月7日に東京国立博物館(東京・上野)で開催されます。

今年4年がかりの修復作業を終えた「鳥獣戯画」は、甲、乙、丙、丁の4巻からなる長さ10メートルにおよぶ絵巻物で、和紙に墨のみで動物や人物たちを躍動的に描いた日本絵画史上屈指の作品。今年の秋には京都国立博物館で、初めて全巻が一挙公開されていました。

今回の展覧会では国内外に所蔵される断簡5幅も集結。現存する全ての鳥獣戯画が見られるほか、鎌倉時代に高山寺を再興した明恵上人と深く関わる美術作品の拝観も可能です。全4巻は平安時代末期から鎌倉時代に制作されたと考えられていますが、誰が、何のために、どこで描いたのか、確かなことはあまりわかっていません。

猿・兎・蛙などの動物を擬人化した描写や、現代の漫画で用いられている「効果線」などの技法があることから「日本最古の漫画」だといわれることもあります。

観覧料金は一般1600円、大学生1200円、高校生900円。(前売り券は2015年2月1日(日)からの販売で200円引き)

photo by Flickr

Credoをフォローする