なぜクールジャパン機構は「一風堂」に融資したのか?

【読了時間:約 1分

日本のアニメやファッション、食、伝統工芸品などをはじめとする文化の海外展開を支援するための官民ファンドであるクールジャパン機構は今月8日に福岡に本店をおくラーメンチェーン店博多一風堂」の運営会社である「力の源ホールディングス」に欧州や米豪での海外展開資金として計20億円の出資や融資をする発表しました

日本のラーメンは世界的に人気が高まってはいるものの、飲食店の海外進出は出店コストや人件費など費用がかさみリスクが高くなるために民間の融資が難しいと言われています

そこで、クールジャパン機構日本食ファンのさらなる獲得を目指し、同社に約7億円の出資と最大13億円の融資枠を決め、資金面で支援していく方針です。

昨年11月に発足し同機構の選定案件は今回で8件目となりましたが、日本の食文化への投資は初めてとなります。

過去の資金援助先にはTokyo Otaku Modeや百貨店の三越伊勢丹などがあります。

博多一風堂」は国内に69店、海外は47店をかまえ、10月にイギリスロンドンに出店したほか、来夏にはフランスパリにも進出する計画です

今後は地域にある店舗網への食材供給拠点「セントラルキッチン」も北米や欧州に配備する予定で、2020年に海外店舗数を200店まで増やす見通しです

photo by Eden, Janine and Jim

Credoをフォローする