【読了時間:約 5分

ISIS(イスラム国)の日本人ジャーナリスト殺害騒動、ヨルダン軍のISISへの空爆再開など、最近の報道はISIS一色になっています。さらにその報道に拍車をかけるような事件が発生しました。

今月10日にアメリカノースカロライナ州でアメリカ人男性が大学生ら3人を射殺した事件で、この事件の肝は3人ともイスラム教徒だったことです。

多くのメディアでは射殺の原因は「駐車場をめぐる近隣のトラブル」であると報じられています。しかしながら、被害者全員がイスラム教徒だったということもあり、地元警察はこの殺害がヘイトクライムかどうか徹底的に調べるようです。

調査の前に、この事件をヘイトクライムと結論づけることは短絡的ですが、過去にも似たような現象が起きています。

 

 2001年の同時多発テロ直後

2001年に起こった同時多発テロでもテロリストはイスラム教徒でした。しかしながら、テロを起こした主犯たちは一般的なイスラム教徒ではありません。しかし、一回脳に焼き付いたステレオタイプを取り除くをは難しいことです。そのステレオタイプがまさに、以下のグラフに表れています。

 

スライド1

(参照:FBI — Hate Crime Statistics Act 図:筆者作)

 

2001年のアメリカ同時多発テロの直後、アメリカ国内でのイスラム教徒たちへの憎悪をきっかけに起こった事件数(ヘイトクライム)は前年と比べて約160倍に上昇しています。

ヘイトクライムはテロが起こった2001年9月11日より増加し始めました。11日のヘイトクライムが原因で亡くなった方は2人、9月15日には、ガソリンスタンドの店主であったインド人のBalbir Singh Sodhiさんが射殺されました。しかし Sodhiさんはムスリム教徒ではなかったのです。容姿がイスラム教徒であるという理由だけで殺害されました。

テロを起こした彼らはいわゆる「過激派」でした。断じて、一般的なイスラム教徒ではありません。

その理由を挙げるのは簡単です。基本的なイスラムの教えでは、自殺(自爆テロを含む)は禁止されているからです。また付け加えるのであれば、それが不慮の自殺であったとしても、イスラム教は自殺を許しません。

もちろん、シャリーア(イスラーム法)の下では自殺だけでなく、殺人も禁止されています。

しかしイスラム教徒への偏見はここで収まりませんでした。このヘイトクライムの増加を加速させたもの、それがFOXニュースによる報道です。

 

 FOXニュースの台頭

あのテロ事件で世界貿易センタービルは崩れ落ちました。筆者の目にも、その映像は未だに焼き付いています。繰り返し報道されたこのビル崩壊の映像こそ、アメリカ国内のイラク戦争への意識を作り上げた犯人であるように思えます。

「戦争」、それはつまり「イスラム教徒 vs アメリカ人」の対立構図を作り上げたということになります。

そのようなナショナリズムを煽動するような報道を行ったのがFOXニュースでした。このような報道を行った結果、CNNを越える視聴率を獲得しました。これにより、他のテレビ局も視聴率を得るためにFOX的報道(保守的な報道)へと傾いていきました。

このイラク戦争へ至るまでに、報道はナショナリズムを煽動するが故に無意識的に「イスラム教徒 vs アメリカ人」の対立構図をに作り上げていたのです。

これと関連してある事件がありました。アメリカのバンド「Dixie Chicks」がこの愛国主義なアメリカの雰囲気に対し、反抗的な発言をしたのです。メンバーの1人であるナタリー・メインズがイラク戦争を仕掛けようとしていた、前アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュに対し、「私たちはテキサスから大統領がでたことを恥じている」と述べました。

(ブッシュ氏は1995年から2000年までテキサス州の知事をしていました)

しかしこの発言が仇となり、Dixie Chicksはラジオ局にボイコットされるなど多くのアメリカ人から批判を浴びました。

この事件からも読み取れるように、当時の「イスラム教徒 vs アメリカ人」の対立構図は相当強いものだったと考えられます。

 

 偏見をなくすために

過激派によって行われたテロをきっかけにして、イスラム教徒へのステレオタイプが構成され、それを助長させるかのように、報道スタイルが保守化していきました。この二段階で創られた、ステレオタイプを取り除くことは容易なことではありません。先に述べたように、それを証明するかのように、ヘイトクライムの事件数は急増しました。

今回起きたイスラム教徒射殺事件は当時のヘイトクライム急増を思わせるような事件です。

偏見をなくすために、本当の事実を知る必要があると思います。FOXニュースの章でも述べたように、テレビや新聞などのメディアで報じられている全ての情報が、中道的なものであるとは限りません。ISISの教えが厳格なイスラムの教えと考えることはもってのほかです。

筆者は昨年、大阪市長の橋下徹氏と在特会会長の桜井誠氏が対談した際に、橋下氏が発言した言葉が今になって重みを増しているように思えます。

「民族や人種を一括りにするな」

この言葉は宗教にも当てはまります。偏見がヘイトクライムに変わる前に、本当のイスラム教についてしっかり考える必要があります。

photo by Two Circles参考文献

Credoをフォローする