【動画】ハーバード大学が教員と学生間の性行為を禁止

【読了時間:約 1分

米国きっての名門校ハーバード大学が、セクシャルハラスメントに関する方針の見直しを行いました。これに伴い、教授と学生間の性行為を禁止されることになりました。

ハーバード大学教養学部委員会は、教員が当該学生を指導または監督しているかに関わらず、恋愛もしくは性的関係を持つことを禁止すると規定しました。

この規定は学部生と大学院生の双方に適用され、性的問題行為に関する方針の見直し事項の一つとなっています。

この見直しによって、見直し前の規定である「立場に差のある教員・学生間の関係」に関する言葉が表現的に曖昧であったことが明らかになりました。

その曖昧な文言と教員が適切な関係として解釈しているものとの間にずれがあったようです。

昨年5月、米国教育省は連邦政府による調査の下で性的暴行及びセクシャルハラスメントに関する訴えに適切に対応していないと見られる55の大学を公表し、このリストにハーバード大学の名前も載っていました。

ちなみに、ハーバード大学の古くからのライバル校であるイェール大学は、教員と学部生が性的関係を持つことを2010年に禁止しています。

Translated by  Yuriko Hamaguchi

Credoをフォローする