【読了時間:約 5分

2月25, 26日は国公立大学の入試です。国公立大学の医学部入試も同日に行われます。(私立大学医学部は既に入試が始まっています)

医学部入試の定員数は、未来の医師数を規定します。医学部入試は、日本における未来の医療のあり方を決める、重要な医療政策の一つです。本記事では、医学部入試を通して、昨今叫ばれている日本の「医師不足」について取り上げます。

「医師不足」を考える際、「数」と「分布」にわけて考える必要があります。まず、「数」はどうでしょうか?

 

 日本の医師は不足しているのか

下の図をみてください。OECD(経済協力開発機構)がまとめた国民1000人あたりの医師数を示しています。データは2012年の数値を用いています。(以下図は全て筆者作成)

名称未設定2

(OECD公表データ)

日本(赤で示しています)は、OECD諸国の平均(黄色で示しています)を下回り、下から6番目となっています。医師数の定義が若干違う国が混じっているのですが、その点を考慮しても、国際的に見て日本は人口あたりの医師数が少ないという事実は揺るぎません。まず、「数」は少ないのです。

 

 医学部定員は増員されている

この「数」が少ないことに対して、医学部定員を増員するという対策がとられてきました。下のグラフを参照してください。医師不足の状況を受け、緊急に医師数の増加が必要という閣議決定が2008年になされ、翌2009年以降の定員数が一気に増えました。

名称未設定

 (文部科学省公表データ)

医学部志望者にとっては定員増は良いニュースかと思われますが、この医学部定員増とともに志願者も増加傾向にあり、入学の倍率自体は横ばいの状況です。

 

 医師の分布はどうか

実は、「数」が少ないことに加え、「分布」の偏りがあります。下に示したグラフは、2010年に厚生労働省が調査したデータに基づいています。全国の病院を対象にした調査で、現状の医師数/必要な医師数で必要医師倍率を計算しています。

5

(厚生労働省公表データ)

まず、倍率が全国で1倍を越えているため、全国的に医師が不足していることがわかります。それに加え、都道府県でその不足の程度に偏りがあることがわかります。

倍率が低いほうが医師の充足に近いことを示しますので、東京都や大阪府など大都市を抱えた都道府県でより医師充足傾向がみられています。医師の「分布」は、大都市に偏っているのです。この地理的な分布の偏りとともに、産婦人科の医師不足など、診療科による分布の偏りもみられています。

 

 医師分布への対策

より深刻な「地方での医師不足」に対応するため、医学部入試では、地域枠の設定を行っています。地域枠とは、医学部のある都道府県内の出身者を対象とした推薦入試の実施や、卒後数年間の医学部のある都道府県内での勤務を条件とした奨学金の給付などを通して、地方に残る医師を確保する取り組みです。

2008年時点では33大学403人だった地域枠は、2013年時点で69大学1396人に拡大されています。このほか、大学病院と地域病院の連携を強め、地方においても専門的な研修が受けられるようにするシステムの構築や、地域医療を担う意欲を高めるような医学部における教育体制の充実などが行われています。

 

 今後に向けて

「数」不足や「分布」の偏りに対する対策は始まっています。しかし、高齢化社会によって患者の増加も予想される中で、このスピードでの医師数増加が適切か否かは今後見極めていかなければいけません。

また、数を増やしたことで都市から地方に医師が移動するであろうという当初の予想(歯科医師ではこの現象がみられました)が、医師においてはあまり見られていないのが現状です。この「分布」の偏りの是正のため、先に書いたような対策がなされていますが、いずれも強い強制力がない点が弱みです。

各国の対応はどうでしょうか。たとえばフランスでは、医学部6年生のときに全国の医学生全員がECNという全国統一試験を受け、その成績順に国の出先機関である州保健庁がその医学生が研修医として働く診療科、勤務地を決定します。医学生は希望を事前に提出しますが、成績が悪ければ希望通りにはならないしくみです。このしくみによって、医師の診療科偏在、地域偏在がコントロールされています。イギリスにおいても、政府によって専門医定員数、地域医師数が規定されています。

現時点で、日本では医師の希望通りに診療科や勤務地を選択できます。世界一の長寿国となった日本の医療は胸を張っていいはずですが、医師数の不足と分布の偏在は確かに起きている問題です。これから来る未来への対策とその効果判定をしっかり行っていく必要があります。

医師不足対策の一つとしての医学部入試に、今後も注目が集まります。

[参考文献] Photo by www.audio-luci-store.it

Credoをフォローする