【読了時間:約 4分

Facebookが、複数の自殺防止団体と恊働して新たな自殺防止機能の開発に取り組み、自殺を思い悩むユーザーがメンタルヘルスの専門家に相談できる機能や、Facebook上で自殺を示唆する投稿を見つけたユーザーが報告できる機能を実装しました。

以下の内容は、Facebookの新機能開発に携わるウルスラ・ホワイトサイド氏(自殺防止団体『Forefront』の研究員)が、「Wall Street Journal」の動画内で新機能の詳細について語った内容をまとめたものです。

 

インタビュアー:

これまでのFacebook”にも自殺防止機能は備わっていたようですが、 既存の機能に対しどのような点が修正・改善されるべきだったのでしょうか。

ホワイトサイド氏:
2014年のアメリカ国内での自殺者数は41,000人で、この数字は乳がんによる死者数とほぼ同じです。しかしながら、乳がん撲滅に比べ、自殺防止の啓発にはそれほど関心が向けられていません。

アメリカの人口の約8割が利用している“Facebook”が自殺防止機能の拡張すれば、自殺防止に多大な影響を与えることは確実でしょう。

今回の新機能開発プロジェクトには実際に自殺を図ったことがある人や自殺願望を持ったことがある人が参加しており、我々は、彼らの意見を常に参考にしながら既存の自殺防止機能の修正・改善に取り組んでいます。

今回の新機能拡張のなかでも特に重要なのは、ユーザーが自殺を示唆するような友人の投稿をFacebook側に報告でき、さらに、その報告したユーザーを支援する機能が追加されたことです。

例えば、友人の投稿に自殺の可能性を感じとり、Facebookにその投稿を報告すると、Facebook側は、その投稿の危険度を検討した上で、報告者に対し『自殺を示唆する友人のために何をするべきか?』など様々なアドバイスを提供します。

インタビュアー:

友人のFacebook上の投稿を見て、まず報告すべきかを迷う人も多いと思います。そういった『何をすべきかわからない』という人たちは自殺を示唆する投稿に直面した際、どのような行動をとったらいいのですか。

そして、サービスの開発メンバーとして、そして自殺念慮を過去に抱いた一人として、そのような人たちに何を伝えたいですか?(※過去に、ホワイトサイド氏は自殺念慮を抱いていました。)

ホワイトサイド氏:
自殺念慮を抱く人に「自暴自棄になり、自殺を考えてしまってはいないか?」と直接訊くことも一つの方法だと思います。そして、もし友人が本当に自殺を考えていたら、何よりもまず落ち着いてその人の話を聞いてあげてください。

ああしろこうしろと言うのではなく、彼らの感情を認め、敬意を示し、人間としての彼らの価値を伝えてあげてください。

インタビュアー:
それでは、差し迫った危険があると思われる場合にはどのようにすればいいでしょうか?

ホワイトサイド氏:

実際に、「自殺をしようと思っている」というような直接的な投稿があった場合や、その人が自殺を意図しているということがはっきりと分かる場合、可能であれば、すぐにでも彼らに電話をかけてあげてください。

また、地域の警察に「ウェルネス・チェック」(警官が住居を訪問し、様子をうかがうこと)を要請することを勧めます。

多くの人がこれらの方法によって命を救われています。

Translated by Itsumi Miwa. Cited by  Facebook Launches Suicide Prevention Initiative, Photo by Report Suicidal Content| Facebook

Credoをフォローする