【読了時間:約 10分

いま日本ではカンヌ国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭で賞を獲った世界的な名作ですら劇場で公開されることが急激に減っています。

前回の記事『【現代映画を考える(上)】80年代シネマの愉楽とミニシアターの危機』では、80年代に栄えたミニシアター文化がバブルの崩壊と共に衰退し、日本ではアート映画を映画館で見る機会が減っているだけでなく、世界的にもアート映画が制作されなくなっている現状を伝えました。

この記事では前回に引き続き大寺眞輔氏のインタビューの後編をお送りします。

大寺眞輔氏は2013年に映画上映団体Dot Dashを立ちあげ、それまで日本に全く紹介されてこなかったポルトガルの映画監督ジョアン・ペドロ・ロドリゲス[※1]の作品を一気に公開しました。

この上映会は映画ファンの間で話題を呼び、連日会場では長蛇の列が出来ました。さらに、大寺先生は現在IndieTokyoという映画団体を立ちあげ、その主宰者として活動の幅を広げています。

いま、東京の映画のシーンでは何が起きているのか。今回も貴重な現場の声をお届けします。

 

 ジョアン・ペドロ・ロドリゲス・レトロスペクティブが映画ファンの間で話題になる

ジョアン・ペドロ・ロドリゲス・レトロスペクティブ2013の時の宣伝用フライヤー

ジョアン・ペドロ・ロドリゲス・レトロスペクティブ2013の時の宣伝用フライヤー

--2013年、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督の回顧上映を主催した経緯と映画上映団体Dot Dashを立ちあげた経緯について教えて下さい。

大寺:実は前回説明したように世界的にアート映画の状況が危機的だからDot Dashを立ち上げようと思ったという訳では必ずしもないんです。

前回述べた背景は自分が衝動的に起こした行動に対して後からその理由を説明したものです。聞かれた通りお答えしましたが、これは実のところ順番として違います。この団体を立ち上げたのは、二つのある事件が起き、もっと皮膚感覚に根ざした衝動を感じたからです。

一つは3.11でした。

あの日、僕は東京の自分の部屋で仕事をしていました。マンションの3階から下を見たらマンション全体が揺れていて、これはヤバイなと本当に思いました。一時期本当に東京に人は住めなくなるんじゃないかという話もかなりリアルにありましたし、皮膚感覚として日本の文化が終わるのかもしれないと感じました。

もう一つそれとちょうど並行して、2011年末の東京フィルメックス[※2]で映画のデジタル化に関するシンポジウムがありました。

映画館にとってデジタル化というのは非常に大きな問題です。実はミニシアターと呼ばれるタイプの映画館はほとんど儲かっていません。従来のフィルムの映写機は修理も全然必要なくて、1回買えば何十年も使えます。こうした映画館はほとんど儲けもない中でギリギリ経営をしてきました。

でも、映写機をデジタルにすると、設備を丸ごと変えないといけないし、配給や金銭の回収システムもまるで異なってきます。大手配給会社の力が強くなって劇場も言うことを聞かないといけません。映画のデジタル化に伴う危機感があってこうしたシンポジウム[※3]が組まれたんです。

実際、デジタル化の影響でかなりの数のミニシアターが潰れてしまいました。ミニシアターがなくなるとまだメジャーになっていない制作者も上映する場がなくなってしまいます。

例えば、これから映画監督になる人が友人などを中心に観客を数十人集めてインディペンデントでの上映を何度か成功させても、次に中規模のミニシアターで数週間にわたって上映をするというステップがなくなってしまうんです。そうなると映画監督は育っていきません。決して大儲けは出来ないアート映画で、それでも活動を続けていくための基盤が失われます。

2011年にそれはとても大きな問題だと感じました。その時に、自分にできることは何かと考えて立ちあげたのがDot Dashだったんです。それは殆ど衝動的なものでした。

もっと言えば、映画を取り巻く状況全体に対する焦燥感に加えて、何か新しい面白そうなことが出来そうだと感じたから動き始めたというのが正直なところです。

そして、やってみると色々大変ではありますが、基本としてとても楽しい。楽しくなければ、続けていません。そして、その行動にはどうやら意味があるらしいと思うからこそ、一層頑張ろうと考える訳です。

ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督作品のいち場面

ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督作品の一場面

 

--どうしてジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督の映画を日本で上映しようと思ったのですか。

大寺:ジョアン・ペドロ・ロドリゲスはとてもパンチのある映画を作る人でもともと大好きな監督でした。

ただこのときは、どうしても彼の映画の上映を実現したかったと言うよりは、様々な偶然と幸運が重なることで、自分の意志を超えてプロジェクト自体が実現に向けて動き出したというのが実感ですね。

--ジョアン・ペドロ・ロドリゲス・レトロスペクティブをやると決めてからの経緯を教えてください。

衝動的にプロジェクトを始めたものの、そこからがものすごく大変でした。普通はこうしたプロジェクトには何十人もの人が関わるものですが、ノウハウもない中全てを一人でやらないといけません。だから、結果的に全部がインディペンデントでDIYの映画祭になりましたね。

でも、話を進める段階で篠崎誠監督[※4]が手伝ってくれたり、京都や大阪、仙台といった地方でも上映をし、劇場の人との人脈もできました。みんな、こういう試みは面白い、DIYでやることが大事だと言って映画を上映する現場の人が支援してくれたんです。

最初は本当に無謀な試みでしたが、やってみると賛同者が色んなところから集まってきてなんとか開催できました。ジョアン・ペドロ・ロドリゲス自身やポルトガル大使館の協力があったのも大きいですね。ジョアン・ペドロには、本当にいくら感謝しても足りないくらいです。

こうした活動がいま頑張っているIndieTokyoの基盤になりました。

 

 Dot DashのあとにIndieTokyoを立ちあげる

--どうしてDot Dashの後、IndieTokyoを立ち上げようと思ったのですか。

大寺:Dot Dashで上映活動をして、普通なら第二弾で何を上映するのかという流れになりますよね。でも、上映だけするなら「上映をする人」になっちゃうわけです。僕はただ上映をするだけじゃなくて映画全体を変えて行く現場で、自分もまた何かの役に立ちたいと思ったんですね。

映画は確かに変わりつつある。あるいは、変わらなくちゃいけない。その現場で、自分もまた何かの役に立ちたいと思いました。

また、Dot Dashをやる中でその時出来なかったものも見えてきたんです。それは、映画について語ることば、メディア、映画のために何かをやろうという人たちが共闘する場所、そして人間のつながりです。

いま海外ではどんな面白い動きがあるのかということをどの映画雑誌でもリアルタイムでは詳しく紹介していません。そういうことを知らないとどんどん日本の映画人も遅れていってガラパゴスになっていきます。

世界で戦うには、情報とネットワークとフットワークが必要です。その全てが今の日本の映画を囲む状況に欠けていると思いました。

でも、それじゃ世界と勝負は出来ません。世界中で映画の友達を作ったり、ネットワークを広げたりも出来ない。それで、誰もやらないのなら自分たちでやろうと思ってメディアを立ち上げたんです。

 

 フラットでポップな団体を目指す

--IndieTokyoを立ちあげたときはどのような団体にしたいと思いましたか。

IndieTokyoは間口が広くて、敷居が低くて入りやすいポップな団体を目指しています。いまはシネクラブに来るようなコアな映画ファンだけじゃなくて、ミニシアター自体も少なくなっているんだから、そちらの層に向けてもアピールするメディアを作らないといけないと思ったんですね。

それまで僕はシネクラブに来るようなコアな客層に向けて何かを発信する立場だと思っていたんだけれど、2011年以降、ミニシアターが危機的な状況であるのだからその部分もIndieTokyoで肩代わりしようと思いました。

--具体的にどういった活動から始めたのですか。

大寺:まずはIndieTokyoのFacebookページを作って、World Newsというタイトルで世界の映画情報を発信し始めました。いまはそろそろ自分たちのメディアへ移行しようということで独自ドメインに移行しています。

将来的には、World Newsとは逆に日本の映画の情報を海外に向けて英語で発信したいと考えています。

日本と海外の敷居を超えて自由に交流し様々な文化を生みだしていく基盤を作るための一つのステップになればと願っています。

--IndieTokyoでは他にどのような活動をしていますか。

大寺:現在は海外の映画情報の発信の他に東京の老舗名画座・新文芸坐で講演付きの映画上映会「新文芸坐シネマテーク」を主催しています。

これは新文芸坐のスタッフの人がたまたま僕がアンスティチュ・フランセ[※6]でやってきたようなシネクラブをやりたいということで声をかけてくれたんです。

ただそう言われたけれど、最初はシネクラブみたいなものではなくコミュニティを作りたいと思っていた。シネクラブというのは基本的に一方的な場所なんですよね。トークがあってみんなが聞く。Q&Aなどはあっても、日本だとなかなか質問が出ない。

そうじゃなくてもうちょっと双方向的に対話できるパーティのようなこともしたかったんです。そこでフラットな場所でお互いが映画について話せるような企画を考えて、5月から渋谷のライブハウスLast Waltzで毎月ホームパーティというイベントを開催し始めました。

HomePartyでのトークの様子

HomePartyでのトークの様子

IndieTokyoHomeParty会場の模様

IndieTokyoHomeParty会場の模様

 

 独自配給・イベントなど活動内容は盛りだくさん

大寺:ホームパーティの第2回(6月7日)では映画監督の冨永昌敬さん[※8]の最新作『ローリング』が公開されるのに合わせた記念イベントを行います。

さらに、8月にはIndieTokyoで独自に映画を配給するんですよ。渋谷のミニシアター・イメージフォーラムで、レイトショーで2週間上映する予定です。

2000年代の後半からアメリカのインディペンデント映画というのが盛り上がっているんですね。一部ではアメリカのDIY世代だとかマンブルコア派と呼ばれていて、すごく面白いんです。

その中から、日本でも昨年公開され話題を呼んだ『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグが主演を務める『ハンナだけど、生きていく!』という作品を公開します。

『ハンナだけど、生きていく!』

『ハンナだけど、生きていく!』

 

もう準備はかなり進んでいますが、従来のやり方ではなく、IndieTokyoのやり方で成功させたいと思っています。日本の映画文化のためにも、こういうやり方でもヒットさせられるというのが実績として残れば大きいと思っています。

その後は第二弾、第三弾と映画配給プロジェクトもどんどん続けていく予定です。それと映画を上映するだけでなく、海外の映画作家を招いて日本の映画人と交流してもらうことも企画中です。

いまは6月に再びジョアン・ペドロ・ロドリゲスを日本に招くこと、そしてさらに年末にかけてフランスですごくブレイクしている若い映画作家を呼んで、日本に長期滞在してもらう中で色んなイベントをやろうと考えています。これはかつてない動きですごく面白くなりそうです。

--IndieTokyoのような団体がゲリラ的に活動して、2つ3つと出てくるとより映画ファンは盛り上がると思うんですが、今後IndieTokyoのようなDIYの映画団体が映画界を盛り上げていくにはどうすればよいと思っていますか。

大寺:僕がこういうことを実現できたのはタイミングがうまく作用したからです。学生の頃から映画界で仕事をしてきたので映画界の人からは信頼もされているし、何かやるとなると協力してくれるコネクションもあります。

だから、いきなりこういうことを素人がやりたいと言っても難しい部分はあると思いますね。僕もDot DashやIndieTokyoを立ち上げる時にはものすごく苦労しましたから。

だから、DIYと言うのは助け合いの精神でもあると思うので、何かやろうという人はできればまずうちに連絡でも取ってもらってできれば一緒に支え合っていきたいと思いますね。私たち一人一人でできることは限られている訳ですから。

IndieTokyoはいまものすごくきています!(笑)

こうした様々な活動をきっかけに、色んな人たちと一緒に新しい時代を作って行きたいと思っています。

【プロフィール】

大寺眞輔(おおでら・しんすけ)
映画批評家、早稲田大学講師、アンスティチュ・フランセ横浜シネクラブ講師、新文芸坐シネマテーク講師、IndieTokyo主催。主著は「現代映画講義」(青土社)「黒沢清の映画術」(新潮社)。

注釈一覧

Credoをフォローする