【読了時間:約 10分

 私たちの小さな選択さえも影響を与えてしまう経済

改めて言うべきことでもありませんが、私たちがその身を置く経済状況には、私たちそれぞれの選択や意思、感情がはっきりと反映されています。

例えば、アベノミクスの目的の一つは消費・投資マインドの好転でした。インフレターゲット政策などによって景気回復への期待感を引き出すことで、消費や投資の活発化を狙っていたのです。

私たちが日々接する経済状況というものは、政府などの大きな機関が関与することで変化が生じるものだと思われるかもしれませんが、実際には私たち一人一人がどのように生活しているのかを如実に反映したものだと言えるでしょう。

しかし考えてみれば当然のことですが、なかなか自分の意思や心理が経済状況とどのような関係性を持っているかについて、感覚として把握するのは難しいかもしれません。

本稿では、その関連性を数字ではっきりと示してみたいと思います。

 

 博報堂が公開するデータ“生活定点”

では、具体的にどのようにして人々の生活と経済状況との関連性を示せばよいのでしょうか?

今回は、博報堂が提供する“生活定点”というデータを用いたいと思います。

生活定点とは、生活者の感情や生活の様子などに関して博報堂が2年おきにアンケートを行って、公開しているデータです。

seikatu

1992年から2014年まで、非常にたくさんのデータが公開されており、すべてをつぶさに見ていくのは難しいのですが、サイト内では、異なる二つのデータのグラフを並べ、その形状を比較することができます。

例えば、以下の二つ”子供のための教養・勉強にお金をかけたい”と”勤務中にデスクで私用電話をするのは非常識だと思う”は同じ動きを見せているとされています。

seikatu2chart

 

 生活定点と日経平均の相関係数などを計算してみる

まず、これら生活定点のデータに対して、日経平均との相関係数を計算していきます。

相関係数とは、二つの項目がどれだけ似ているのか異なっているのかを判断する指標です。正の相関性が高いのであれば両者は同じ動きをしていると判断でき、負の相関性が高いのであれば両者は逆の動きをしていると言えます。

生活定点は1992年からデータが蓄積されていますが、途中から増えた質問項目が多いため、項目が出揃い、大きな変動がなくなる1998年からのデータを用いて考察を進めていきます。

項目数は全部で1486でした。

この時期の日経平均株価の値動きは次のようになっています。

eco3

2年おきのデータなので細部を表現したグラフではありませんが、概ね一定範囲で上下を繰り返しているようです。

相関係数に加えて、各変数の重要度というものも算出していきます。

この重要度というのは、生活定点の各項目を日経平均株価と対応させた際に、どの項目がどれだけ日経平均株価を表すのに重要な項目なのかを数値化したものです。※

それでは実際の結果を見ていきましょう。相関係数については、現時点ではあくまで連関していることが分かったのみで、因果関係ではないことにご留意下さい。

 

 日経平均と正の相関がある10項目

番号 相関係数 カテゴリー ~は どうですか
1 0.8117062 02.暮らし向き 今後の暮らし向き 同じようなもの
2 0.7939269 01.生活気流 経済的余裕 現在/どちらともいえない
3 0.7781015 02.暮らし向き ライフボリューム4類型(生活の幅×深さ) 情報生活/水たまり型(狭くて浅い)
4 0.7684999 01.生活気流 世の中で感じること 夢や希望/多いとも少ないともいえない
5 0.7669500 15.情報 関心のある情報 投資・貯蓄
6 0.7649767 01.生活気流 世の中で感じること 夢や希望/多い・小計
7 0.7338482 03.食 好きな料理 好きな料理(いくつでも)/すき焼
8 0.7266389 01.生活気流 世の中で感じること 気がかりなこと・不安なこと/多いとも少ないともいえない
9 0.7192482 01.生活気流 身の回りで感じること よろこばしいこと/多いとも少ないともいえない
10 0.7125331 14.消費・お金 消費全般の意識・行動 いろいろな商品の情報に詳しい方だ

上位10種の内、5つが「どちらともいえない/同じまま」という返答でした。

各質問項目は異なるものではありますが、「中くらいの感覚」を持つ人が増えていると、経済も好転している可能性が高いと言えるのかもしれません。

その他、分かりやすい部分では、投資貯蓄への関心について正の相関が見られました。また、いろいろな商品の情報に詳しい方だ、という項目も消費者の購買意欲増加として結論づけられそうです。

最後に、分かりにくい項目ですが、ライフボリューム4類型というものについて見ていきます。

このライフボリューム4類型は、「あなたのふだんの生活は、現在どの程度の『幅』を持っていると思いますか。」という”生活の幅”を聞く項目と、「あなたのふだんの生活は、現在どの程度の『深さ』を持っていると思いますか。」という”生活の深さ”を聞く項目の結果で分類されます。

この幅と深さについては、調査票の中で次のように説明されています。

“幅とは …… いろいろなタイプ、デザイン、素材など、多くの種類の衣服を持っていたり、いろいろな種類のものを食べたり、性別、年齢を問わずいろいろなタイプの人と広くつきあったり、余暇をすごすための、いろいろな趣味、スポーツなどを持っていることを指します。”

“深さとは ……自分なりの好みや基準を追求した衣服を持っていたり、こだわりのある食事をしたり、表面的ではないことを指します。”

全部で4つのタイプ、大海型(広くて深い)・プール型(広くて浅い)・井戸型(狭くて深い)・水たまり型(狭く浅い)に分けられます。

今回の分析では、日経平均と正の相関があるライフボリュームタイプは”情報生活に関して水たまり型(狭くて浅い)”でした。つまり、人々が情報に対してそれほど関心がない時は、日経平均も高くなっている可能性が高いと言い換えられます。

ある意味、楽観的な人々が多いと景気が良いという風にも考えられるのではないでしょうか。

 

 日経平均と負の相関がある10項目

番号 相関係数 カテゴリー ~は どうですか
1 -0.7824406 01.生活気流 世の中で感じること 夢や希望/少ない・小計
2 -0.7567824 04.衣 衣全般の意識・行動 家でのふだん着には気をつかわない方だ
3 -0.7329520 07.遊び よくする趣味・スポーツ 散歩・ウォーキング
4 -0.7019116 02.暮らし向き ライフボリューム4類型(生活の幅×深さ) 生活全般/井戸型(狭くて深い)
5 -0.5437641 02.暮らし向き 生活の幅 食生活/広い(多い)・小計
6 -0.5338013 01.生活気流 世の中で感じること よろこばしいこと/少ない・小計
7 -0.5271185 12.交際 所属グループ 政治団体
8 -0.5259914 02.暮らし向き 年中行事経験(最近1年) 紅葉狩りに出かけた
9 -0.5180343 10.家族 飼っているペットの種類 金魚・熱帯魚
10 -0.5115341 15.情報 関心のある情報 恋愛・結婚

続いて、負の項目について見ていきたいと思います。

分かりやすいものとしては、夢や希望が少ない・家での普段着には気を使わない・喜ばしいと感じることが少ない・所属グループが政治団体である、といったところでしょうか。特に前者3つは景気と非常に連動性が高い消費者感情であると思われます。

ただ、これ以外は直感的には負の相関を示すとは思いにくい項目が並ぶ結果となりました。

そうした項目の中で、一番負の相関が高く出たのは散歩・ウォーキングをする、という項目でした。健康になるため、というポジティブな意味合いを持つこの項目が日経平均と負の相関を持っていることを説明するには、もう少し別のデータが必要になりそうです。

同じくポジティブな意味合いを持つものとして、相関係数は小さくなりますが恋愛や結婚に関する情報への興味、が負の相関を示していました。

 

 日経平均に対する重要度が高い項目10種

ここまでは相関係数に関する分析結果を見てきました。最後に、日経平均株価を構成する変数として生活定点のデータ1486項目を置いた時に、どの項目が重要だったのか、日経平均に対する説明力が高かったのかを見ていきたいと思います。

ここでいう重要度という指標は、その項目が持つ情報量が全体としてどれだけに当たるのかを相対的に示すものです。※

この情報量が大きければ大きいほど、日経平均株価に対して持っている影響力は大きいと言えます。正負に関わらず相関性の高い項目が、上位に来る指標と言い換えられます。

番号 重要度 カテゴリー ~は どうですか
1 1.924649 03.食 好きな料理 好きな料理(いくつでも)/すき焼
2 1.834561 02.暮らし向き ライフボリューム4類型(生活の幅×深さ) 情報生活/水たまり型(狭くて浅い)
3 1.729170 14.消費・お金 消費全般の意識・行動 いろいろな商品の情報に詳しい方だ
4 1.722657 14.消費・お金 今後(も)節約したいもの 株など財テク(投資)にかけるお金
5 1.416491 13.贈答 贈答全般の意識・行動 カタログなどで相手に選んでもらう贈り物は、合理的だと思う
6 1.412850 17.社会意識 国や社会重視派 vs 個人生活重視派 日本人は、個人生活の充実にもっと目を向けるべきだと思う
7 1.409737 09.働き 職場の常識(意識) 同じ会社の異性を食事やお酒に1対1で誘う/別にかまわない
8 1.406752 02.暮らし向き 生活の幅 情報生活/狭い(少ない)・小計
9 1.403617 14.消費・お金 消費全般の意識・行動 一流品とは、値段が高いもののことをいう
10 1.399208 02.暮らし向き 生活経験(最近1年以内にしたこと) 本業の他に、副業として何かの仕事をする

相関係数の分析において見出された項目としては、情報生活に関するライフボリュームタイプが水たまり型(狭くて浅い)であること、色々な商品情報に詳しいことが挙げられます。

それを除いて、直感的に分かりやすいものとしては、ポジティブなものとして

  • 日本人は、個人生活の充実にもっと目を向けるべきだと思う
  • 一流品とは、値段が高いもののことをいう

ネガティブなものとして

  • 株など財テク(投資)にかけるお金を節約すべき

が上位10項目内に入りました。

どちらも、消費意識の拡大or縮小という観点で整理できる項目だと思われます。

これ以外は、直感的に理解しにくい項目が並ぶのですが、中でも「好きな料理はすき焼きである」は非常に興味深い項目です。

すき焼きが各家庭でどのような受け入られ方をしているのかについては推測することしか出来ませんが、どちらかといえば高級料理に属するのではないかと個人的には思います。

少し前のデータではありますが、日本能率協会総合研究所(JMAR)が2010年に発表した調査データによると、”プチぜいたく”メニューの定番は「すき焼き」とされているようです。

 

 まとめ―理由付けが難しい項目もあったが、はっきりと対応が取れるものも―

以上、相関係数及び変数の重要度という観点で日経平均と生活定点各項目に関する分析を行ってまいりました。

直感的にその理由を説明するのが難しい項目もそれなりにありましたが、それぞれの分析で「やはりこの項目と景気との連動性は高いのか」と確認することができた項目もあったかと思います。

理由を説明しにくい項目についても、たまたま数値が高く出ただけと考えることもできますが、本当に関連性があって出てきた項目とも考えられます。

日常の何気ない生活態度や嗜好が景気とどのように連動しているのか、そんなことを時々でも考えてみると、意外な繋がりが見つかるかもしれません。

Photo by pixabay

【注釈】

重要度はランダムフォレストで算出されるジニ係数減少量を用いています。

今回のRコードはこちらで公開しています。

【参考文献】

*博報堂,2015年,生活定点(2015年9月17日,http://seikatsusoken.jp/teiten/)

Credoをフォローする