『75%のタミフルを消費する日本人、インフルエンザになる前に知っておくべき薬の話 』

1, Tashiro, Masato, et al. 2009, “Surveillance for neuraminidase-inhibitor-resistant influenza viruses in Japan, 1996–2007,” Antivir Ther 14: 751-61.

2, Centers for Disease Control and Prevention, 2014, “Treating Influenza (Flu),” Atlanta: Centers for Disease Control and Prevention, (Retrieved December 4, 2014, http://www.cdc.gov/flu/antivirals/index.htm).

3, Tom Jefferson, et al. 2014, “Neuraminidase inhibitors for preventing and treating influenza in healthy adults and children,” The Cochrane Library.

4, 厚生労働省, 2014, 「インフルエンザQ&A」, 厚生労働省ホームページ, (2014年12月4日取得 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html)

 

『経済市場に全く政府が介入しなかったらどうなるかシミュレーションしてみた』

*総務省統計局,2014年, 平成21年全国消費実態調査 各種係数及び所得分布に関する結果(2014年12月5日, http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/keisu/yoyaku.htm)
*東京新聞,2014年, アベノミクスの是非 若者が、地方が声上げよ(2014年12月4日, http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014120402000178.html)
*産業技術総合研究所,2011年, Maxwell-Boltzmann 分布に関する覚書(2014年12月2日, https://staff.aist.go.jp/y-komeiji/memoranda/20111228Boltzmann.pdf)
*New journal Of Physics,2010年, Universal patterns of inequality (2014年12月3日, http://physics.umd.edu/~yakovenk/papers/2010-NJP-v12-n7-p075032.pdf)
*矢野和男,2014年,『データの見えざる手 ウェアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』,草思社
*大沢文夫,2011年,『大沢流 手作り統計力学』,名古屋大学出版会

[注釈]
※1 ボルツマン分布に関する式は参考文献の、”Maxwell-Boltzmann 分布に関する覚書”に記載されているものを使用しました。酸素の分子量は16、また絶対温度は0度の室内を仮定してT=273Kを使用、そして気体定数Rは8.31447としました。
※2 累積確率は分子の運動速度が大きい方から順に足しています。これは参考文献の、『データの見えざる手 ウェアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』で用いられているグラフと同じ形状になるような方式にした結果となります。累積確率のグラフは以降もこの方式で作成しています。
※3 横軸は所得を表しているものですが数値変換されており、純粋に所得と対応するものではないのでご留意ください。
※4 対数に変換する際には常用対数(底10)を用いました。
※5用いたシミュレータはJava言語がベースとなっている”artisoc”というマルチエージェントシミュレータです。パターン1、2のそれぞれの重要なルールの記述は次のようにしました。

[パターン1]神の視点にいるのはUniverseというエージェントです。Stepの初めに次の動作を行います。
Univ_Step_Begin{
dim num1 as integer //歩き回るエージェントBoltzについて、900人のうち誰にアクセスするかをランダムで決定する
dim num2 as integer
num1 = rnd() * 900
num2 = rnd() * 900
if num1 == num2 then
num2 = num2 – 1
end if //同じエージェントにアクセスしないように数をずらす
universe.boltzmann.boltz(num1).ball = universe.boltzmann.boltz(num1).ball + 1
universe.boltzmann.boltz(num2).ball = universe.boltzmann.boltz(num2).ball – 1
// num1番というエージェントからnum2番のエージェントに玉が移される
}

[パターン2]
Agt_Step{
dim neighbor as agtset
dim one as agt
forward(1) //1マスずつ進む
//自分がボールを渡す人かそうでないかを決定
if rnd() < 0.5 and my.ball > 0 then
my.position = 1 /*渡す人*/
else
my.position = 2 /*もらう人*/
end if
//自分が渡す人で相手がもらう人なら、自分のボールを1個減らす
if my.position == 1 then
makeallagtsetaroundown(neighbor ,2, false)
if countagtset(neighbor) > 0 then
one = getagt(neighbor, int(rnd() * countagtset(neighbor)))
if one.position == 2 then
one.ball = one.ball + 1
my.ball = my.ball – 1
end if
end if
end if
}
※6 前述したように累積確率は横軸の大きい値から順に足しています。

 

『ニコニコ生放送で行われたネット演説に対する概観【衆議院選】』

*DWANGO,2014年,2014年9月期 通期決算株式会社ドワンゴ(2014年12月7日,http://pdf.irpocket.com/C9468/XN1V/uEJr/o822.pdf)

 

『映画『ショート・ターム』が突きつける、あなたは「家族」に「何をどこまで」打ち明けているか』

アンソニー・ギデンズ、1995年、『親密性の変容―近代社会におけるセクシュアリティ、愛情、エロティシズム』而立書房
ウルリッヒ・ベック&エリーザベト・ベック=ゲルンスハイム、2014年、 伊藤美登里訳『愛は遠く離れて』岩波書店
宮台真司、2008年、「素朴に家族を生きるのが不可能な今日、共犯集団的「近親姦家族」に向かうか、全てを縁起に取り替えた「レンタル家族」に向かうか。映画『紀子の食卓』に答えを見出す」『<世界>はそもそもデタラメである』メディアファクトリー

映画”ショート・ターム” 対談で明かされるクレットン監督の思い(東京大学新聞オンライン)

 

『スイスでは原発を受け入れると英雄?今、「原発観」を問い直す【衆議院選】』

*1 マイケル・サンデル著、鬼澤忍訳. (2012). それをお金で買いますか――市場主義の限界. 早川書房.

*2 大澤真幸. (2014). 〈問い〉の読書術. 朝日新書.

*3 高橋源一郎・辻信一. (2014). 弱さの思想――たそがれを抱きしめる. 大月書店.

•観光エネルギー庁「電源立地地域対策交付金を活用した事業の評価報告書の公表について」http://www.enecho.meti.go.jp/committee/disclosure/dengenkoufukin2/

 

『噂だけじゃなかった!?データを可視化してわかった某政党の衰退【衆議院選】』

[参考文献]

*菅原琢,2014年,国会議員白書(http://kokkai.sugawarataku.net/index.html,2014年12月10日)

*衆議院,2014年,本会議と委員会(http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkai/kokkai_hon.htm,2014年12月10日)

[注釈]

※1
菅原氏が公開しているデータ利用における注意点を引用いたします。
(http://blog.sugawarataku.net/article/70654553.html)

“(1)国会の活動状況は、当議員の状況に依存します。健康状態が悪く入院していれば、当然委員会に出席できません。大臣など政府の役職に就任していたり、政党の幹部になっていたりすれば、やはり国会での活動は停滞します。
(2)日本の国会の慣行上、委員会での質問の機会は野党、特に小政党に多く与えられます。したがって、発言等のデータでは小さな政党の一部の議員が目立つことになります。逆に、与党議員はそのような機会は少ないため、データ上目立つことは難しいです。
(3)本サイトで公開されている情報は、国会での活動のすべてではありません。法案審議の段取りや会議の議事運営は理事同士の懇談や、会派、政党の幹部同士の意見交換など、公的に記録されにくい場面で決定されます。また、国会の会議録として記録・公開されているものでも、審査会、公聴会などについては、作業が煩雑になる一方で得られるものが少ないため、現状では扱っていません。
(4)このサイトでは、議員の経歴、ウェブサイト、SNSのアカウントなどの一般情報は扱いません。ネットで名前を検索すれば簡単に確認できるような情報に対して労力をかける意思を作者は持ちません。血液型のような情報を欲する方が日本に多いのは知っていますが、かつて血液型の間違いをひとつの決定的要因として命を落とした政治家もいました。そのような責任を負うことはいたしません。
(5)残念ながら、データはさまざまな理由により不完全です。主要な原因は、会議録等の記録に瑕疵であるためで、たとえば会議の出席者リストに掲載されていない議員が発言しているような例は多数あります。議員名の表記が間違っていたりいい加減だったりで、発言していたのに漏れていることがありかもしれません。さまざまな方法でエラーチェックをし、前後の議事録から情報を補完したりしていますが、当時の記録が他にないため、情報は完全とはなりえません。”

※2

平均値を用いて相関係数を計算した所、本会議発言数と発言文字数の相関係数は0.97、委員会発言数と発言文字数の相関性は0.98でした。他の値に関しては0.9以上の相関係数は見られませんでした。

 

『』

1,厚生労働省、「ノロウイルスに関するQ&A」、2014、(取得 2014/12/9 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html)

2,国立感染症研究所、「ノロウイルス感染症」、2006、(取得 2014/12/9 http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-b.html)

3,広島県、「手洗いはきちんとできてますか?~ノロウイルス対策」、2014、(取得 2014/12/9 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/168/tearai.html)

4,厚生労働省、「食中毒統計資料」、2014、(取得 2014/12/9 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html#j4-2)

5,食品安全委員会、「ノロウイルス食中毒について」、2011、(取得 2014/12/9 http://www.fsc.go.jp/sonota/norovirus.html)

 

『日本人は所得が増えても幸福を感じられないのかもしれない-幸福のパラドクス-』

[参考文献]

*Pew Research,2014年,People in Emerging Markets Catch Up to Advanced Economies in Life Satisfaction(2014年12月15日,http://www.pewglobal.org/2014/10/30/people-in-emerging-markets-catch-up-to-advanced-economies-in-life-satisfaction/)

*伊藤正憲,2010年,幸福のパラドックスについてのノート(2014年12月15日,http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/1532/1/0130_016_008.pdf)

*World Database of Happiness,2014年,Happiness Of Japan(2014年12月14日, http://www1.eur.nl/fsw/happiness/hap_nat/nat_fp.php?cntry=6&name=Japan&mode=3&subjects=109&publics=18)
*内閣府,2014年,長期経済統計(2014年12月14日, http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je08/08b09010.html)
*内閣府,2014年,国民経済計算(2014年12月14日, http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html)
*総務省統計局,2014年,人口に関する長期時系列データ(2014年12月14日, http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2.htm#series)
*Betsey スティーブンソン,Justin Wolfers ,2008年, ECONOMIC GROWTH AND SUBJECTIVE WELL-BEING:REASSESSING THE イースタリン PARADOX (2014年12月4日, http://www.nber.org/papers/w14282.pdf)
*Richard A. イースタリン ,1995年, Will raising the incomes of all increase the
happiness of all?(2014年12月15日, http://ipidumn.pbworks.com/f/イースタリンIncomesandHappiness.pdf)

*大竹文雄,2004年,失業と幸福度(2014年12月15日,http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2004/07/pdf/059-068.pdf)

[注釈]

※1

この調査は世界43か国の国民に対して行われました。手法の名称は” Cantril Self-Anchoring Striving Scale”と言い、社会心理学者のH・カントリルが開発したものです。まず、 0 (底)から10(天辺)までのはしご(Ladder)を思い浮かべてもらい、そして、10(天辺)があなたにとって可能な限りで最良の生活、0 (底)が最悪の生活とし、あなたは今そのはしごのどのステップにいると思うか、と聞きます。漠然と生活満足度を聞くよりも精度が高いものである、と位置づけられています。

グラフで示す値は、今の暮らし向きについて7,8,9,10を回答した人の割合が用いられています。

※2
イースタリンが用いたデータについて補足します。
時系列については米国(the General Social Surveyの1972-91年:幸福度について)、欧州 9 ヶ国(Eurobarometer Surveyの1972-89年:生活満足度について)、日本(「国民生活に関する世論調査」の1958-86年:生活満足度について、ただしイースタリンはWorld Database of Happinessの 0-10のスケールに変換したデータを用いています)の計11ヶ国です。それらについて年とともに幸福度や生活満足度が上昇しているかを回帰分析した結果、米国と日本では統計的に有意な相関は見られませんでした。また欧州については 5 ヶ国で有意な相関なし、2 ヶ国で正の相関、 2 ヶ国で負の相関が見出されました。これらの期間、米国の一人当たり実質所得は 1 / 3ほど、欧州諸国は25-50%ほど、日本は 5 倍に上昇しました。

またイースタリンは国際比較をすることについて、各国の文化や慣習に依存する影響を排除して比較するのは困難であるとして幸福度の国際比較については否定的な考えを持っていたので、本稿では国際比較は扱いません。
※3
決定係数は0.01だったので、説明力も非常に小さいものでした。
※4
1979年(前年比は1980年)以前は「平成2年基準改訂国民経済計算(68SNA)」、1980~1993年(前年比は1981~94年)は「平成7年基準改訂国民経済計算(93SNA)」、2013年(前年比は1995年)以前は「2012年度国民経済計算(2005年基準・93SNA)」、2013年は「平成25年度国民経済計算確報(支出側系列等)」を用いてグラフを作成いたしました。尚、全て季節調整済みのものであり、非定常な時系列データでないことを確認しております。
このように基準が異なったデータを用いておりますが、内閣府が公表する国民経済計算のデータにおいて、完璧な連続性を保持したデータというのは存在いたしません。
スティーブンソンがGDPの連続性について言及した部分を見つけることは出来ませんでしたが、GDPの計算基準の変化よりも生活満足度の聞き方の変化の影響のほうが重視するべきものだとして同氏は論文を書いたのだと筆者は解釈し、その解釈のもとでGDPは連続的に用いても構わないという仮定をしております。ご留意下さい。
※5
質問内容は、1958-63年の選択肢は「上をみればきりがないが、大体において今の生活に満足している」「満足とはいえないが、今程度の生活が続けられれば、まあまあだと思う」「今の生活ではまだまだ不満だ」「今のままの生活ではとてもやりきれない」「不明」の五つでした。これが64年に「充分満足している」「充分とはいえないが一応満足している」「まだまだ不満だ」「きわめて不満だ」「不明」の五つに変化しました。前者では「大体満足」が一番上なのに対して後者では「充分満足」が最上位となっています。最上位の回答項目の印象は明らかに後者のほうが高いレベルのものであり、これによって最上位の回答が減少したのではないかと考えることが出来ます。以上の部分は参考文献中の伊東正憲氏の” 幸福のパラドックスについてのノート”を参照しました。
また1969年までは満足度の聞き方が「自分の生活についてどのように感じているか」だったのに対して、1970年からは「最近の暮らしぶりについてどのように感じているか」という変化がありました。これも回答に影響を与えるものだとスティーブンソンは主張します。更に、1992年からも質問内容が変化しています。
1969年は” How do you feel about your life?”で、1970年からは” How do you feel with life these days?”でした。また1992年からは「全体的に、あなたは今の生活にどの程度満足していますか」(Overall, to what degree are you satisfied with your life these days?) という聞き方に変わりました。これらについてはWorld Database of Happinessを参照しました。
※6
イースタリンは分析を行う際、特に数値変換などは行っていなかったため、それにそってデータを分析しました。対して、スティーブンソンは生活満足度を標準化し、一人あたり実質GDPを対数変換していたため、それに従ってデータを分析しました。
※7
上から順に決定係数を並べると、0.38,0.38,0.28,0.15でした。また信頼水準については、80%,80%,99%,90%で有意が認められました。
※8

生活満足度は標準化したものを用いました。また、決定係数は0.37、回帰係数に関するP値は0.003でした。

 

『アップルがSIMフリーiPhoneを販売停止した本当のワケと中国の「黄牛」』

*1、ルーブル暴落、アップルはロシアでのオンライン販売を停止, 2014, wired.jp(取得 2014/12/22 http://wired.jp/2014/12/18/apple-in-russia/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
*2、Apple、ロシアでiPhone6を35%値上げして販売再開!, 2014,iPhone Mania(取得 2014/12/22 http://iphone-mania.jp/news-56527/)
*3、Baidu - 百科「黄牛党」(取得 2014/12/22 http://baike.baidu.com/subview/8122/9608297.htm
*4、自殺者も発生か iPhone転売狂騒曲、500万台が中国に?, 2014,ITMedia(取得 2014/12/22 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/14/news040.html
*5、SIMロック解除義務化のターゲットはiPhone?, 2014,日経BP(取得 2014/12/22 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/080600035/080600001/)
*6、大陸i6預購 突破2,000萬支, 2014, 聯合財經網(取得 2014/12/22 http://money.udn.com/storypage.php?sub_id=5612&art_id=415210
*7、アップル、業者に最大8000万台の新iPhone生産要請=報道, 2014, ロイター通信(取得 2014/12/22 http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0FR04W20140722)
*8、iPhone 6在中国销量多少?分析师又有话说, 2014,威锋网(取得 2014/12/22 http://www.feng.com/iPhone/news/2014-11-25/How-many-iPhone-6-sales-in-China-_600894.shtml
*9、iSuppli Corp.中国研究总监王阳 Kevin王的日记本, 2014, 新浪微博(取得 2014/12/22 http://www.weibo.com/1858261594/BAlYDoyRO?from=page_1005051858261594_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
*10、国行iPhone6/6 Plus销量首度曝光 意外吗?, 2014, 25PP.com(取得 2014/12/22 http://www.25pp.com/news/news_68441.html)
*11、Huge iPhone 6 sales put Apple on course for record quarter, 2014, kantarworldpanel.com(取得 2014/12/22 http://www.kantarworldpanel.com/global/News/Huge-iPhone-6-sales-put-Apple-on-course-for-record-quarter
*12、「どうして今?」iPhone6値上げは日本だけ。為替影響かアップル社, 2014, matome.naver.jp(取得 2014/12/22 http://matome.naver.jp/odai/2141593596850451801?&page=1
*13、SIMフリー版のiPhone 6、販売再開いつ? 停止理由は「円安」らしいけど..., 2014, J-cast.com(取得 2014/12/22 http://www.j-cast.com/2014/12/11223064.html?p=all)
*14、りんごが中国市場でクリスマスイブにバカ売れする理由, 2014, 3分でわかる中国ビジネス戦略(取得 2014/12/24 http://www.j-cast.com/2014/12/11223064.html?p=all)
*15、Richard Bilton, Apple 'failing to protect Chinese factory workers’, 2014, BBC.com(取得 2014/12/23 http://www.bbc.com/news/business-30532463)
*16、BBCによる中国での過酷な労働環境レポート、Appleが反論へ, 2014, news.mynavi.jp(取得 2014/12/23 http://news.mynavi.jp/news/2014/12/22/345/