『「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた』

※1 SocialBladeで閲覧できる総動画視聴数に0.1(円)をかけたものを総収益としました。

※2 Alexaはその推定の精度に問題があると指摘されている場合があります。今回もあくまで参考データとしてご理解いただければ幸いです。

※3 FilmはYoutube上で有料で提供されるものと映画のPVが殆どで、純粋なYoutuberとして考えるには無理があると判断し、今回は指摘しませんでした。

 

*Engadget,2015年,任天堂、YouTube動画の広告収益を投稿者と分配するNintendo Creators Program ベータ開始(2015年1月29日,http://japanese.engadget.com/2015/01/29/youtube-nintendo-creators-program/)

*らふらく,2014年,ouTuberの収入を調べられる「Social Blade」を使ってみた。17億円?とかギャグだと思う(2015年1月29日,http://laugh-raku.com/archives/10566)

*Alexa,2015年,Compettitive on intelligence on Youtube.com(2015年1月29日,http://www.alexa.com/siteinfo/youtube.com)

*ITU,2015年,Statistics(2015年1月29日,http://www.itu.int/en/ITU-D/Statistics/Pages/stat/default.aspx)

*Mashable,2015年,Survey: YouTube More Popular Than Live TV(2015年1月29日,http://mashable.com/2014/07/03/youtube-beats-tv/)

*ウェブ解析士認定講座,2014年,ネット利用、ネットサービスの転換期にあるインド(2015年1月29日,http://www.web-mining.jp/news/2014/05/0102-2.html)

*Internet Watch,2014年,インド最新インターネット事情~インターネット利用者は2億3871万人に(2015年1月29日,http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20140318_640069.html)

*We are social,2014年,Social, Digital and Mobile in India 2014(2015年1月29日,http://wearesocial.net/blog/2014/07/social-digital-mobile-india-2014/)

*BLOGOS,2014年,YouTubeの「1再生あたりの収益はいくらなのか」調べてみた(2015年1月29日,http://blogos.com/article/84834/)

 

『「アメリカ」というフィクションを信じ続ける若者:【連載】『コノクニノクウキ 私の生き方編②』』

吉見俊哉(2012)『メディア文化論 –メディアを学ぶ人のための15話 改訂版』有斐閣

宮台真司(1994)『制服少女たちの選択』講談社

 

『イスラム教徒3人が射殺される、ヘイトクライムが増加』

Iftikhar, A. (2011). Islamic pacifism: Global Muslims in the post-Osama era. Lexington, KY: [Arsalan T. Iftikhar?].

吉見俊哉(2012)『メディア文化論 –メディアを学ぶ人のための15話 改訂版』有斐閣

Southern Poverty Law Center『Anti-Muslim Incidents Since Sept. 11, 2001』

(http://www.splcenter.org/get-informed/news/splc-testifies-about-increase-in-anti-muslim-bias/anti-muslim-incidents-since-9-11)

 

『バレンタイン直前!日本で恋愛することが当たり前になったきっかけとは』

•猪瀬直樹,2013年,『欲望のメディア』小学館.

•吉見俊哉,2012年,『メディア文化論 –メディアを学ぶ人のための15話 改訂版』有斐閣.

•吉見俊哉・花田達朗,2004年,『社会情報学ハンドブック』東京大学出版会.

 

『』

*Musicman-net,2015年, 連載第55回 iTunesでアルバム崩壊、YouTubeでシングル無料化。次に来るプレイリストの時代は稼げるか
(2015年2月8日, http://www.musicman-net.com/SPPJ01/69.html)
*日本レコード協会,2015年,各種統計など(2015年2月8日, http://www.riaj.or.jp/)
*道しかひかない堀江くらはのぶろぐ,2015年, CDが売れなくなって音楽業界はどうするの?(2015年2月8日, http://kuraharu.hatenablog.com/entry/2014/08/06/235905)
*BLOGOS,2015年,新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件
(2015年2月8日,http://blogos.com/article/90928/)
*ITmedia,2015年, 音楽の世界市場、定額制サービスで成長へ 日本は対照的・大きく落ち込む 2013年
(2015年2月8日, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/19/news123.html)
*IFPI,2015年, Music subscription revenues help drive growth in most major markets
(2015年2月8日, http://www.ifpi.org/news/music-subscription-revenues-help-drive-growth-in-most-major-markets)
*Bussiness Jounal,2015年, 音楽市場、なぜ復調の兆し?盛り上がるネット定額サービスとライブ動員増が牽引
(2015年2月8日, http://biz-journal.jp/2014/03/post_4426.html)
*日経トレンディネット,2015年, 音楽配信サービスの進化とアーティストの苦境
(2015年2月8日,

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130213/1047456/?ST=life&P=3)

*Spotify,2015年,Spotify for Artists
(2015年2月8日, https://www.spotifyartists.com/)
*日本経済新聞,2015年, 定額配信サービスは音楽業界の救世主にならない
(2015年2月9日,

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0200V_S4A400C1000000/)

*経済産業省,2015年, 音楽産業のビジネスモデル研究会報告書
(2015年,2月8日,

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/contents/downloadfiles/music_buisiness.pdf)

*Frekul,2015年(2015年2月8日,http://frekul.com/)

 

『戦争の犠牲になる子どもたち、後藤健二さんが伝えたかったこと』

・文献1, Shann Frank. “Warfare and children.” Journal of paediatrics and child health 46.5 (2010): 217-221.

・文献2, Leslie Roberts. “A War Within a War Fighting a major polio outbreak in the midst of Syria’s bitter civil war is a test of commitment—and diplomacy.” Science 343 (2014) 1302-1305

 

『黒船襲来!Spotifyというマーケットリーダーに挑むためのモデルを考えてみる』

[注釈]

※1…会員数に関する細かいデータは見つけることは出来ませんでした。申し訳ありません。

※2…All Digital Musicより、Spotifyはレコメンドサービスを開発する企業との提携を結んでいます。(http://jaykogami.com/2014/03/6437.html)

※3…朝日新聞デジタルより、『ハイレゾ、音楽市場に光明 情報量「CDの3~7倍」』(http://www.asahi.com/articles/ASGCV5KB1GCVUCVL01V.html)

[参考文献]
*Musicman-net,2015年, 連載第55回 iTunesでアルバム崩壊、YouTubeでシングル無料化。次に来るプレイリストの時代は稼げるか
(2015年2月8日, http://www.musicman-net.com/SPPJ01/69.html)
*日本レコード協会,2015年,各種統計など(2015年2月8日, http://www.riaj.or.jp/)
*道しかひかない堀江くらはのぶろぐ,2015年, CDが売れなくなって音楽業界はどうするの?(2015年2月8日, http://kuraharu.hatenablog.com/entry/2014/08/06/235905)
*BLOGOS,2015年,新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件
(2015年2月8日,http://blogos.com/article/90928/)
*ITmedia,2015年, 音楽の世界市場、定額制サービスで成長へ 日本は対照的・大きく落ち込む 2013年
(2015年2月8日, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/19/news123.html)
*IFPI,2015年, Music subscription revenues help drive growth in most major markets
(2015年2月8日, http://www.ifpi.org/news/music-subscription-revenues-help-drive-growth-in-most-major-markets)
*Bussiness Jounal,2015年, 音楽市場、なぜ復調の兆し?盛り上がるネット定額サービスとライブ動員増が牽引
(2015年2月8日, http://biz-journal.jp/2014/03/post_4426.html)
*日経トレンディネット,2015年, 音楽配信サービスの進化とアーティストの苦境
(2015年2月8日,

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130213/1047456/?ST=life&P=3)

*Spotify,2015年,Spotify for Artists
(2015年2月8日, https://www.spotifyartists.com/)
*日本経済新聞,2015年, 定額配信サービスは音楽業界の救世主にならない
(2015年2月9日,

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0200V_S4A400C1000000/)

*経済産業省,2015年, 音楽産業のビジネスモデル研究会報告書
(2015年,2月8日,

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/contents/downloadfiles/music_buisiness.pdf)

*Frekul,2015年(2015年2月8日,http://frekul.com/)

*Vocal of Free,2015年,誰がVOCALOIDの楽曲を買っているのか(2015年2月15日,http://vocalofree.com/freemium/whobuys/)

 

『あなたの恋愛が社会を変える!』

宮台真司, 2012年,『きみがモテれば、社会は変わる。--宮台教授の<内発性>白熱教室』イースト・プレス.
速水由紀子・宮台真司, 2002年, 『不純異性交遊マニュアル』筑摩書房.
宮台真司, 2013年, 『「絶望の時代」の希望の恋愛学』KADOKAWA.
小西友七・南出康世編, 2006年, 『ジーニアス英和辞典  第4版』大修館書店.

 

『未来の医師数を決める医学部入試 日本は本当に医師不足なのか?』

野村恭子. “我が国の医師不足問題: 医師臨床研修制度と医師の人的医療資源の活用.” 日本衛生学雑誌 66.1 (2011): 22-28.

前田隆浩. “地域枠入学制度と地域医療教育 (特集 へき地医療を考える: 日本のへき地を支えるプライマリ・ケア医の重要性)–(専門職連携教育).” 治療 96.1 (2014): 38-42.

井元清哉. “医療需要のシミュレーションから見る医師不足.” 月刊保険診療 67.6 (2012): 68-73.

 

『放射性廃棄物の受入を決定、双葉町と大熊町の交付金額と復興への意味は?』

※1 環境省『除染土壌などの中間貯蔵施設について』

http://josen.env.go.jp/material/pdf/dojyou_cyuukan.pdf

(最終閲覧日:2015年2月23日)

※2 環境省・復興庁「中間貯蔵施設への搬入に当たっての確認事項等について」

https://josen.env.go.jp/soil/pdf/correspondence_150208_01.pdf

(最終閲覧日:2015年2月23日)

※3 引用内の( )付き言葉は原文のママ。

 

『ニコニコ動画が失ってしまったかもしれない大切なもの』

[注釈]

※1…厳密にはniconicoが提供するサービスの一つでしかありませんが、一般的認知度が高いので本稿ではniconicoを総体しているものとしてニコニコ動画をみなし、代表値のような扱いをしております。ご了承頂ければ幸いです。

※2…厳密にはIDでユーザーを区別することが可能です。しかしこれもまた2ちゃんねると同様の形式をとっています。

※3…現在はクリエイターズ奨励プログラム、ユーザーチャンネル報酬で利益を得るユーザーもいます。

※4…2011年12月に始まったクリエイターズ奨励プログラムでも再生数に応じた金銭的利益を得ることは出来ました。しかしこの仕組みは、ユーザー同士の直接的な金銭交換という枠組みに当てはめられるものではなかったため、今回の考察では触れておりません。またコミックマーケットなどで自分の作成したVOCALOID楽曲、DVDなどを販売しユーザーとの金銭的交換関係を持っているユーザーは勿論おりました。しかし、これはニコニコ動画というプラットフォーム上で行なわれるものではなく、その外部で発生した関係であるため、ニコニコ動画自体の性格を大きく変えるものではなかったと筆者は考えております。ご了承頂ければ幸いです。

[参考文献]

*濱野智史,2008年,『アーキテクチャの生態系』,NTT出版

*稲葉陽二,2011年,『ソーシャルキャピタル入門』,中公新書

*アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー著,山岡洋一訳,2006年,『富の未来』,講談社

*アルビン・トフラー, 徳岡孝夫監訳,1982年,『第三の波』,中央公論社〈中公文庫〉

*ITmedia ニュース,2015年,「ニコニコ超会議2015」、大相撲を今年も実施 ピカソの絵にパトリオット発射機、初の「超コミケ」も
(2015年2月22日, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/18/news114.html)

*ebigbridge,2015年,非貨幣経済、金銭が支配しない場所では何が支配するのか(自己実現社会)(2015年2月22日,http://www.ebigbridge.com/%E9%9D%9E%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%80%81%E9%87%91%E9%8A%AD%E3%81%8C%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%A7%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%94%AF%E9%85%8D/)

*しっぽのぶろぐ,2006年,「嫌儲」の心理と正義感、資本主義、あと転載について。(2015年2月22日,http://tail.s68.xrea.com/blog/2006/06/post_20.html)

 

『「差別」と「区別」は違うものという言い逃れはもう出来ない』

【参考文献】

Japan PM Ex-Adviser Praises Apartheid in Embarrassment for Abe. New York Times. 2月13日<http://www.nytimes.com/reuters/2015/02/13/world/africa/13reuters-japan-apartheid.html> 2月15日閲覧.
South Africa Protests Apartheid Column in Japanese Press. New York Times. 2月16日.<http://www.nytimes.com/aponline/2015/02/16/world/asia/ap-as-japan-apartheid-.html?_r=0>2月20日閲覧.

Pilgrim, David. “What Was Jim Crow.” Jim Crow Museum <http://www.ferris.edu/jimcrow/what.htm>2月22日閲覧.

亀井伸孝「「文化が違うから分ければよい」のか――アパルトヘイトと差異の承認の政治」 Synodos. <http://synodos.jp/society/13008>2月25日閲覧.

木走正水「そもそも「移住だけは別にした方がいい」(曽野綾子コラム)は移民政策として正当か?」2月16日 BLOGOS. <http://blogos.com/article/105733/>2月20日閲覧.

曽野綾子「労働力不足と移民」『曽野綾子の透明な歳月の光』産経新聞2月15日

曽野綾子氏「アパルトヘイト称揚してない」朝日新聞2月17日

「ハーバード大黒人教授を誤認逮捕、警察が謝罪」AFPBB 2009年7月22日<http://www.afpbb.com/articles/-/2623493?pid=4384712> 2月20日閲覧.

「米黒人少年射殺の警官は不起訴 暴動に発展」 CNN 2014年11月25日<http://www.cnn.co.jp/usa/35056997.html> 2月20日閲覧.

 

『「戦後70年談話」に向けた「21世紀構想懇談会」が始まる』

1:首相官邸ホームページ「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会(21世紀構想懇談会)」

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201502/25_21c_koso.html

(最終閲覧日:2015227日)

2:「20 世紀を振り返り 21 世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会(「21 世紀構想懇談会」)第一回議事要旨」

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/21c_koso/dai1/gijiyousi.pdf

(最終閲覧日:2015227日)

 

『「差別」と「区別」は違うという言い逃れはもう出来ない』

“Japan PM Ex-Adviser Praises Apartheid in Embarrassment for Abe.” The New York Times. 2月13日<http://www.nytimes.com/reuters/2015/02/13/world/africa/13reuters-japan-apartheid.html> 2月15日閲覧.

Pilgrim, David. “What Was Jim Crow.” Jim Crow Museum <http://www.ferris.edu/jimcrow/what.htm>2月22日閲覧.

“South Africa Protests Apartheid Column in Japanese Press.” The New York Times. 2月16日.<http://www.nytimes.com/aponline/2015/02/16/world/asia/ap-as-japan-apartheid-.html?_r=0> 2月20日閲覧.

亀井伸孝「「文化が違うから分ければよい」のか――アパルトヘイトと差異の承認の政治」 Synodos. 2月25日.<http://synodos.jp/society/13008> 2月25日閲覧.

木走正水「そもそも「移住だけは別にした方がいい」(曽野綾子コラム)は移民政策として正当か?」 BLOGOS. 2月16日. <http://blogos.com/article/105733/> 2月20日閲覧.

曽野綾子「労働力不足と移民」『曽野綾子の透明な歳月の光』産経新聞2月15日付

「曽野綾子氏「アパルトヘイト称揚してない」」朝日新聞2月17日付

「ハーバード大黒人教授を誤認逮捕、警察が謝罪」 AFPBB 2009年7月22日. <http://www.afpbb.com/articles/-/2623493?pid=4384712> 2月20日閲覧.

「米黒人少年射殺の警官は不起訴 暴動に発展」 CNN 2014年11月25日. <http://www.cnn.co.jp/usa/35056997.html> 2月20日閲覧.