22 4月 2024
ゴールドマン、米国の利下げを6月に予想修正 – 5月からの見通しから変更

ゴールドマン、米国の利下げを6月に予想修正 – 5月からの見通しから変更

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、最近の米連邦準備制度の公式発言や1月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を分析した結果、利下げ開始の時期を6月に修正しました。以前は5月の開始を予想していました。

この修正により、年内の利下げ回数の予想も変更され、計4回の利下げを予測しています。具体的には、6月、7月、9月、12月に利下げが予想されています。以前の予想では、計5回の利下げが見込まれていました。さらに、来年にはさらに4回の利下げが行われる見込みで、以前の予想は3回でした。

ゴールドマンのエコノミストは、米金融当局の考え方に2つの変化を指摘しています。まず、好調な経済データを受けて、金利を高い水準に保つ必要性への懸念が薄れ、過去の利上げによる最大のリスクが過ぎ去ったと見なされています。また、連邦準備制度の当局者らは、利下げを行う前にインフレ率が2%に近づくという、より明確な証拠を求めているということです。これは、経済の好調さがインフレ抑制のさらなる前進を阻害する可能性を懸念する声があるためだと説明されています。