24 6月 2024
セブン&ローソン、アジアで1万店舗増 中間層をターゲットに主戦場を変更

セブン&ローソン、アジアで1万店舗増 中間層をターゲットに主戦場を変更

セブン&アイ・ホールディングスとローソンは、2026年2月期までの3年間に、アジア・オセアニア地域で1万店以上のコンビニエンスストアを増やす計画を発表しました。特に、東南アジアでは中間層が拡大し、コンビニの普及が進んでいるため、市場が飽和状態に近づいています。このため、国内市場からの撤退ではなく、主戦場をアジア・オセアニアに移す方針です。

日本で培った商品力やサービスを基盤に、両社は競争を繰り広げることになります。具体的なアジア・オセアニアでの出店戦略は、日本経済新聞が独自にまとめたものです。この動きにより、両社は新たな市場で競争を展開し、国内市場とは異なる環境でのビジネス展開に挑戦します。

中間層の拡大が見込まれる地域では、コンビニエンスストアはますます重要性を増しています。両社はこれを見越して、急速な店舗展開を図ることで市場に先行しようとしています。今後の成長と競争に注目が集まるでしょう。