3 3月 2024
スペインで大雨、3人死亡、3人行方不明

スペインで大雨、3人死亡、3人行方不明

5月 AFP – スペインの干ばつに見舞われていた各地で、少なくとも3人が死亡し、3人が行方不明になるなど、記録的な豪雨が発生しました。この突然の気象現象により、首都マドリードでも大規模な交通の混乱が生じました。

先週末、スペイン気象庁(Aemet)によると、スペイン全国で広範囲にわたって豪雨が発生しました。沿岸地域のカディス(Cadiz)やタラゴナ(Tarragona)では、3日には記録的な豪雨が観測されました。これにより、洪水の被害が拡大しました。

中部のカスティーリャラマンチャ(Castilla-La Mancha)では、トレド(Toledo)で2人が死亡したと発表されましたが、詳細な情報はまだ提供されていません。トレドでは、一部の住民が自宅の屋根の上に取り残される事態となり、ヘリコプターが出動して救助活動が行われました。

また、マドリードでは3日、豪雨による危険が極めて高まったため、市民に対して緊急事態を告げるメッセージがスペイン語と英語で送られました。このメッセージは受信すると大音量で警報音が鳴り、携帯電話の警報システムが初めて活用されました。4日朝には、地下鉄の多くの路線が運休となりましたが、午後には運行が再開されました。

スペイン国鉄レンフェ(Renfe)によれば、高速鉄道も一時的に運休しましたが、4日にはマドリードと南西部アンダルシア(Andalusia)や東部バレンシア(Valencia)を結ぶ路線が再開されました。ただし、一部区間では速度を制限して運行しているとのことです。

気象庁は、3日にマドリードの警戒レベルを最高の赤色から黄色に引き下げました。4日の朝には豪雨が弱まったため、状況は改善の兆しを見せました。

スペインのペドロ・サンチェス首相は、救急隊に感謝の意を示し、市民には引き続き警戒を怠らずに行動するよう呼びかけました。干ばつに見舞われていたスペインにとっては、この急激な気象変化が新たな課題となっています。