22 4月 2024
東海3県で積雪の警戒喚起…名古屋も大雪の可能性、白川村の積雪は午前11時で88cm

東海3県で積雪の警戒喚起…名古屋も大雪の可能性、白川村の積雪は午前11時で88cm

今シーズン初となる強い寒波が東海3県を襲い、岐阜県を中心に大雪となっています。名古屋でも積雪の心配があります。

岐阜市では24日未明から雪が降り始め、通勤する人々は足元に気を付けながら移動しています。積雪に備え、歩幅を小さくし、足をしっかりと地面につけることが求められています。

関ケ原町では、クリニックの職員が早朝から駐車場の雪かきに追われています。彼らは患者さんのために全力で作業にあたっています。

午前11時時点での積雪量は、岐阜県白川村で88cm、岐阜市で14cmなどと報告されています。岐阜県内の岐阜・西濃、中濃、飛騨北部では大雪警報が発令されており、積雪の影響が広がっています。

東海3県では25日午前6時までの24時間に予想される雪の量が、岐阜の山地では最大70cm、平地や三重県でも30cm以上に達する見込みです。

25日にかけては名古屋でも積雪が予想され、気象台は路面の凍結などに注意を呼びかけています。交通機関や生活に支障が出ないよう、十分な警戒が必要です。