29 5月 2024
ソレンセン、日本での「急な学習曲線」に興奮

ソレンセン、日本での「急な学習曲線」に興奮

アストンマーティンのファクトリードライバー、マルコ・ソレンセンは、D’station RacingでのSUPER GT参戦において「急な学習曲線」に直面すると述べつつも、シリーズのカレンダー上でほとんどのトラックを一から学ぶという挑戦に興奮しています。

ソレンセンは、3年ぶりにGT300アクションに復帰するD’stationのNo. 777 アストンマーティン・ヴァンテージGT3 Evoを、藤井友信と共有します。

これは、先週末カタールで始まった日本チームとのFIA世界耐久選手権キャンペーンに加えてのことです。

既に多忙な2024年のスケジュールにSUPER GTを加える動機について語ると、ソレンセンは、プロフィールドの新しい環境で自分を試すことを望んでいると述べました。

「私は日本が大好きで、そこでレースするたびに、1週間早く東京に行って街を歩き回り、国を見るんです」と、このデンマーク人ドライバーはSportscar365に語りました。

「そして、プロドライバーとしてできるだけ多くのプロレースに参加したいです。日本にはそれがあり、新しい[Evo]カーで何ができるかを見るのも興味深いと思いました。

「昨年、IMSA [GTD] チャンピオンシップで勝利できなかったことに少し失望しましたが、今度は日本で勝利を目指します。一年を通して一貫性を保ち、ミスをしないことが最も重要だと思います。

「もちろん、勝ちたいレースはありますが、チャンピオンシップを追求するのも良いですね。」

ヴァンテージ GT3 Evoには既に慣れているソレンセンですが、D’stationが使用するダンロップタイヤに適応するという挑戦に直面しています。

さらに、富士スピードウェイを除くスケジュール上のすべてのトラックが彼にとって新しいものですが、33歳の彼はこの知識の欠如が楽しみにしかならないと言います。

「藤井さんから聞いたところによると、日本では[一つの]スティントで最高のタイヤを求めているので、それが面白いでしょう」とソレンセンは述べました。「トラックを学ぶためのラップは多くないですが、各レースの前にシミュレーターを使って学ぶ予定です。

「予選前に各トラックで6、7ラップしかできないでしょうが、これはシーズンを通じて非常に急な学習曲線になると思います。しかし、このような挑戦が好きです。