29 5月 2024
東京と埼玉県内の天気予報:20日から21日にかけて雪の可能性?

東京と埼玉県内の天気予報:20日から21日にかけて雪の可能性?

本州の南岸を進む低気圧の影響で、埼玉県内では20日夜から翌21日にかけて大雪が予想され、標高の高い地域を中心に平地でも積雪が見込まれます。気象台は、交通への影響や路面の凍結に備えるよう呼びかけています。

気象庁によると、前線を伴った低気圧が20日から翌21日にかけて本州の南岸を進み、伊豆諸島付近を通過する見込みです。関東甲信地方では20日午後から雨や雪が降り始め、翌21日にかけて山沿いを中心に大雪が予想されています。関東南部の平地でも積雪が見込まれ、気温が低下する場合は警報級の大雪となる可能性があります。

埼玉県内においても、20日夜から雨や雪が始まり、21日にかけて続く見込みです。標高の高い地域を中心に大雪が予想され、平地でも積雪が見込まれています。気象台は、気温の低下や雪の降り方によっては平地でも警報級の大雪となる可能性があるため、交通や路面凍結に十分な注意が必要としています。

大雪の際には、交通への影響や歩行者の転倒などに注意が必要です。雪に慣れていない地域では路面の凍結や積雪による転倒事故が増える可能性があります。移動には余裕をもって計画を立て、安全運転や注意深い歩行が求められます。気象情報の確認も怠らず、関係機関の指示に従うことが重要です。